佐賀のトイレつまり・水漏れ修理なら「さが水道職人」 » 水道管が凍結した!自分でできる水道管が凍結した時の対処法を解説

佐賀 地元密着、実績10万件
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

水道管が凍結した!自分でできる水道管が凍結した時の対処法を解説

2020年12月31日 水道管
佐賀_8

冬になり気温が下がると心配になるのが水道管の凍結です。
水道管の凍結はある程度防止することができます。しかし、比較的に温かく、凍結の心配がいらない地域が、寒波の影響で急激に気温が下がった時などに対策が遅れて凍結してしまうことがあります。水道は凍結すると、水が出なくなるため生活に支障が出ます。

あらかじめ防止できれば一番ですが、万が一凍結してしまった場合の対処法は把握しておいた方がいいかもしれません。
ここでは、水道管が凍結してしまった時の対処法を解説します。

凍結を疑った方がいい状況

はじめに、水が出ない原因が本当に凍結であるかを確認する必要があります。
止水栓は開いているかどうか、地域で断水が起こってないかどうかなどを確認してください。アパートなどの集合住宅であれば、アパートでの断水が起こっていないかも確認しましょう。

上記の確認事項では特に問題がなく、-4℃以下の気温であった場合は、凍結の可能性が高くなります。朝晩、または長期で家を空けたときなどが凍結しやすいので、注意してください。


水漏れを起こしていないかを確認する

水道管の中の水が凍り、体積が増えることによって水道管が破裂してしまうことがあります。水道管が破裂していると、どんどん水が漏れてしまい被害が拡大してしまいます。家に被害を与えてしまったり、アパートやマンションなどの集合住宅の場合は下の階の住人に迷惑をかけてしまいます。

破裂して水漏れしている時は、直ちに水の元栓を止めなくてはいけません。水漏れしているかどうかの確認は簡単で、家の蛇口を全部閉めた状態で水道メーターを確認してみてください。蛇口を全部閉めている状態で水道メーターが増えているのであればどこかで水漏れを起こしています。


凍結したときに絶対行ってはいけないこと

凍結した時に絶対にしてはいけないことがいくつかありますので、しっかりと確認しておきましょう。

【無理やり蛇口を開けたり開けっ放しにしたりしない】
状況によっては蛇口も凍結していて、蛇口が捻れないことがあります。
無理に蛇口を捻ってしまうと、中のパッキンが傷んでしまったり、蛇口自体が損傷してしまう恐れがあります。いつもより蛇口が固いと感じ
た時は、無理に蛇口を捻らないようにしてください。

また、蛇口が問題なく捻れる場合も、開けっ放しにしておくのはやめましょう。水が出ないため蛇口を開けていたことを忘れてしまい、知らない間に水が出しっぱなしになってしまうことがあります。

【熱湯をかけない】
凍結している水道管や蛇口を溶かそうとして熱湯をかけてしまうと、水道管に亀裂が入り、大規模な水漏れを起こす危険性があります。


凍結の解消方法

凍結の解消方法はいくつかありますので、優先順位の高い順から紹介をします。凍結は可能であれば時間をかけて解消した方がリスクも少ないため焦らずに行うようにしましょう。

【時間がある時は放置してみる】
水漏れが起こっていなく、すぐに使えなくても問題がないのであれば一度時間を置いてみるのが一番いいです。
夜間に凍結して日中になったら解消したという例はたくさんあります。溶かすために急激に温めると水道管や蛇口を傷めてしまう可能性もありますので、一番優先すべきは一度放置してみることです。凍結している場所がわからなかったり、床下に埋まっている場合はこの方法が一番いいでしょう。

【部屋を温めてみる】
特にアパートなどの集合住宅の場合は、部屋自体を温めてから時間を置くと解消されることがあります。
ストーブやエアコンの温度をいつもより少し高めに設定をして、時間を置いてみましょう。この方法も時間はかかりますが、効果的で確実な方法です。

【ぬるま湯をかける】
凍結している場所がわかっていて、すぐに解消したい場合はぬるま湯をかけてみてください。
ただし、絶対に熱湯ではなく40℃程度のぬるま湯にしましょう。凍結している部分にタオルを巻いてからゆっくりお湯をかけてください。水道管を直接触ってみてある程度冷たくなくなったら一度水を出して確認してみましょう。

【カイロやドライヤーで温める】
カイロやドライヤーで温める方法もあります。お湯をかけて水浸しにできない・お湯の用意が難しい場合などはこちらの方がいいかもしれません。しかし、両方ともかなり時間はかかってしまいます。
また、温度には気を付けてください。カイロやドライヤーは種類によっては高温になりますので、放置せずに確認しながら行いましょう。

【凍結専用のヒーターを使う】
凍結解消専用のヒーターは基本的に業務用であるため、取り扱いが難しく一般家庭で利用することはおすすめできません。誤った使い方をすると水道管の損傷に繋がりますので、専門知識がある方以外は使わないようにしましょう。

凍結予防用のヒーターであれば、高温になることはないので専門知識がなくても使用できますが、あくまで予防用のヒーターになりますので解消するには時間がかかります。


水道の凍結で困ったらさが水道職人にお任せください

水道管が破裂して水漏れを起こしている、時間が経っても解消しないなどご自身で対処ができない場合は業者に依頼することをおすすめします。

さが水道職人は、佐賀市・唐津市・鳥栖市をはじめ佐賀県全域の水のトラブルを解決可能です。経験豊富なスタッフが迅速に対応しますので、佐賀県の水のトラブルは是非さが水道職人にお任せください。


佐賀のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「さが水道職人(佐賀水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

さが水道職人(佐賀水道職人) 0120-492-315

さが水道職人(佐賀水道職人) 0120-492-315