【水道局指定工事店】佐賀のトイレ・台所の排水管のつまりやお風呂・水漏れ修理なら「さが水道職人」 » 赤錆と赤水の特徴を知って、適切な対応をしよう

佐賀 地元密着、実績10万件
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

赤錆と赤水の特徴を知って、適切な対応をしよう

2021年05月07日 洗面所のトラブル


洗面所の蛇口から赤や茶色の水が出ることがあります。これは「赤水」と呼ばれていますが、赤水のような濁り水が出てきた時、「飲んでも体に影響はないの?」と不安になってしまうでしょう。水は毎日使うものですし、飲んだり料理に使ったりするので、いつも安心して使いたいものです。

赤水の原因は給水設備に発生した赤錆ですが、赤水が出た時はどうしたら良いのでしょうか?今回は、赤水の原因となる赤錆の特徴や、赤水が出た時の対処法などについて詳しく解説します。

赤錆の特徴と赤錆による赤水が疑われる症状

鉄に付くサビには「赤錆」と「黒錆」があります。「黒錆」は良質な水に触れることででき“良質なサビ”と呼ばれています。黒錆は、鉄の表面に隙間なく形成され、鉄の酸化を抑えて赤錆の発生を防ぐことができます。

一方、「赤錆」は酸化鉄のことで、水道水に鉄が触れ酸化することでできます。私たちがよく目にするサビのほとんどが赤錆です。赤錆には隙間が多く、そこから酸素や水が入って鉄と結合し、どんどん奥の方へサビが広がり、鉄そのものをボロボロの状態に傷めていきます。

水道管内に赤錆が発生しているかどうかは目で見て確かめることができませんが、次のような症状が現れた場合は対策する必要があります。

・水の味に違和感があったり鉄の味がしたりする。
・水がカビ臭い。
・数日間水道を使っていない場合、使い始めの水が赤っぽい色をしている。
・洗濯物に色が付いてきれいに仕上がらない。


赤水による人体や生活面への影響

赤錆によって赤く水が濁ると、「人体に影響はないの?」「洗濯に使ってもいいの?」と心配になってしまうでしょう。赤水はしばらくの間流し続けることで透明になることがありますが、赤く濁ったまま使っていると、人体や生活面で次のような影響が考えられます。

ここでは、洗面所だけでなく、キッチンやトイレなど家の中のさまざまな場所で起こる影響を紹介します。

・赤水の中には、鉄バクテリアや細菌などの微生物が含まれていることもあり、衛生面でも問題となる。
・水の味が落ちたり、鉄の味がする。
・洗濯物が赤色に染まってしまう。
・洗面器や便器に赤い跡が残る。
・水が流れにくくなり、水漏れにつながることもある。


赤水が出た時の対処法

赤錆は鉄が酸化した酸化鉄ですが、鉄分は吸収率が低いので、赤水を少量飲んだとしても人体に大きな影響がすぐに現れることはありません。しかし、赤錆が混ざった水は美味しいものではありませんし、衛生面に問題があります。そのため、洗面所やキッチンなど、家の蛇口から赤水が出た場合は、放置せずにすぐに適切な対応をすることが大切です。

・水道水を流し続ける
赤水が出た時は、まず水を数分間流し続けてください。サビが混入した水を蛇口から出し切ることで、透明な水に戻ったら飲用にも使えます。流し続けた水は掃除や草花の水やりなどに利用すると良いです。水道工事の影響で濁り水が一時的に出ている場合は、しばらくの間水を流すことで解消できることがほとんどです。水の使い始めだけ赤水が出る場合は、宅地内の給水管のサビが原因かもしれません。

・浄水器を取り付ける
浄水器を取り付けると、しばらくの間、赤水をしのぐことができます。浄水器を新しく購入する場合は、信頼できるメーカーの製品で使いやすく安全性の高いものを選びましょう。また、浄水器はカートリッジ交換が必要なので、カートリッジの費用や交換頻度なども考慮しましょう。

長期間、赤水が出続ける場合の対処法

赤水が出てもしばらく水道水を流していれば、そのうちに透明な水に戻ることがほとんどですが、ずっと赤水が出続けることもあります。鉄を少量飲んだとしても人体への影響は少ないですが、過剰摂取すると鉄過剰症になってしまいます。そのため、すぐに対処する必要がありますが、住居タイプによって対応が変わってくるので、ここで確認してください。

・一戸建て住宅の場合
宅地内配管が原因だと考えられる場合は、水道工事業者に連絡して点検や修理をしてもらいましょう。一方、住宅の敷地外にある道路内の水道本管が原因の場合は、水道局へ連絡してください。状況によって、配水管の調査や交換などが行われます。

・マンションの場合
マンションで赤水が発生した場合は、まず管理会社に連絡しましょう。宅地内配管に原因がある場合は、給水管を調査し洗浄や交換、または、受水槽内の掃除や修理、交換などの対応が取られます。

根本的な解決は専門業者へ

赤水が急に出てきたら驚いてしまいますし、いつまで経っても収まらないと、水が使えなくて困ってしまうでしょう。近所にも同じような症状が見られる場合は、水道本管内のサビが原因だと考えられます。また、宅地内配管やマンションの受水槽の老朽化が原因の場合もあります。どちらにしても、できるだけ早く適切な対応を行う必要があります。

赤水が出た時の対処法として、水をしばらく流したり浄水器を取り付けたりする方法がありますが、いずれも一時的な処置です。根本的な解決には、専門業者や水道局に連絡する必要があります。

佐賀市や唐津市、伊万里市や小城市、神埼市など佐賀県内で赤水にお困りの方は、さまざまな水道のトラブルに対応するさが水道職人がおすすめです。土日祝日も休まず24時間受付を行っているので、突然の赤水もすぐに駆けつけ適切に対処いたします。

佐賀のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「さが水道職人(佐賀水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

さが水道職人(佐賀水道職人) 0120-492-315

さが水道職人(佐賀水道職人) 0120-492-315