【水道局指定工事店】佐賀のトイレ・台所の排水管のつまりやお風呂・水漏れ修理なら「さが水道職人」 » シャワーの修理は自分でも行える

佐賀 地元密着、実績10万件
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

シャワーの修理は自分でも行える

2021年08月27日 浴室のトラブル


水漏れは、自分で修理が可能な箇所からのこともありますし、業者でなければ難しい箇所からのこともあります。
シャワーからの水漏れは、自分で修理をすることが可能なので、どのように修理や部品の交換を行えばよいのかをご紹介していきます。

どれも比較的簡単な作業ですが、どうしても自分で修理をする自信がないという方は、業者に依頼をしたほうがよいでしょう。

シャワーヘッドやホースなどに発生しやすいトラブル

シャワーは大きく分けると、シャワーヘッドと呼ばれている部分と本体、ホースに分類することができます。
シャワーの中でトラブルが発生しやすくなっている箇所や、その原因を確認していきます。

・水漏れをしやすい箇所
シャワーで水漏れが発生しやすい箇所は、やはり部品の接続部分です。
シャワーヘッドと本体、本体とホース、ホースと給水管などの付け根部分はネジを回して接続していますし、パッキンを使用して水漏れを防いでいるため、どうしても部品の緩みや劣化などで水漏れが起きやすくなっています。

シャワーから水がしたたり落ちていた場合には、まず水が漏れている場所を特定しなければいけません。
場所が特定できたら止水栓を止め、部品を取り外してみましょう。
このときにネジが緩んでいれば、しっかりと締めることで水漏れが改善されます。
きちんと締まっているのに水が漏れている場合には、パッキンの劣化が考えられるので、パッキンを交換しなければいけません。

・水漏れの原因
シャワーから水が漏れてしまう原因は、先ほど紹介した部品の緩みや劣化だけではありません。
他にもいろいろとあり、ホースには経年劣化によって穴が開いてしまうことや、亀裂が入ってしまうことがあります。
シャワー本体やシャワーヘッドも劣化していた状態で何かにぶつけてしまった場合、ひびが入って水漏れすることがあるのです。

ただし、水漏れだと思っていて、実は水漏れではない場合があります。
それはシャワーの中の残留水が垂れている場合です。
この場合は水漏れではないので、特に心配する必要はありません。


パッキンの交換はとても簡単

水回りにはパッキンが使用されている箇所が多いのですが、中でもシャワーに使用されているパッキンは、自分でも簡単に交換することができます。
注意すべきことは、パッキンの種類です。
パッキンの種類が違っていると、きちんとはまりませんので、当然水漏れを起こしてしまいます。
この点にさえ注意しておけば、あとはあまり手先が器用な人ではなくても自分で交換できるので、修理業者に依頼するまでもないでしょう。

修理中は止水栓をきちんと止めておかないと、水があふれ出てしまう可能性があるので、止水栓を締めるというのが最初に行わなければいけない作業です。
止水栓はハンドルが取り付けられていて手で回せるタイプもありますが、マイナスドライバーがないと回せないタイプもあるので、それをあらかじめ確認しておきましょう。

シャワーヘッドやシャワーの本体などには、工具がなくても外せるタイプが多いので、手で回すだけで、その取り外しが可能です。
水が漏れている箇所を外したら、古いパッキンを取り除き、新しいパッキンに交換するだけです。

交換をしたあとは、必ず水漏れしていないかどうかを確認しましょう。
きちんとパッキンがはまっているのに水漏れが直らっていない場合は、パッキンではなくほかの部分に原因があります。


修理をするまで一時的に水を止める応急処置

シャワーを修理しようと思ったけれど、交換する部品がないから購入してくる必要がある場合や、業者に連絡をして到着するまで待っている間などは、応急処置をして水を止めておく必要があります。
そこで応急処置方法を簡単に説明していきます。

もっとも簡単な方法は、止水栓を締めることです。
そうすれば水は出てこなくなるのですが、風呂場の構造によっては、シャワーの水を止めてしまうと洗面台の水も一緒に止まってしまう場合があります。
ユニットバスの場合には、トイレの水も一緒に止まってしまうことがあるので、止水栓はどうしても締められないという人もいるでしょう。

そんなときには防水テープを使用する応急処置がおすすめです。
防水テープは、誰でも簡単に使うことができます。
防水テープを使用する場合には、一時的に水の流れを止める必要があるので、このときだけは止水栓をきちんと締めておきましょう。

ただし、防水テープは一時的に水を止めておく場合には効果的ですが、長く使用し続けるのには不向きです。
あくまで応急処置としての使用に適しているものなので、できるだけ早くきちんとした修理を行いましょう。


一度修理をすれば長く持つ

自分で水漏れを修理した場合、少しの期間が経過しただけで、また水が漏れてきたという事態になることがあります。
その点、さが水道職人に依頼して修理を行えば、長い期間修理をしないで水回りを使用することができます。
しかも保証が付いているので、安心して修理を依頼していただきたいと思います。

さが水道職人は、佐賀県内であれば唐津市や伊万里市、鳥栖市、鹿島市、嬉野市、西松浦郡など、どこへでも出張することが可能です。


佐賀のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「さが水道職人(佐賀水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

さが水道職人(佐賀水道職人) 0120-492-315

さが水道職人(佐賀水道職人) 0120-492-315