【水道局指定工事店】佐賀のトイレ・台所の排水管のつまりやお風呂・水漏れ修理なら「さが水道職人」 » トイレの便器が詰まってしまったときの対処方法と注意点

佐賀 地元密着、実績10万件
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

トイレの便器が詰まってしまったときの対処方法と注意点

2021年09月11日 トイレの直し方


トイレの便器が詰まったら?

トイレの便器が詰まったときの対処方法をご存じでしょうか?おおよその流れを知っていれば、いざというときに慌てることなく、自分で対処できる場合もあります。ただ、自力で対処する場合、誤った方法で行ってしまうと、トイレを破損してしまう可能性がありますので、注意しなくてはなりません。今回は、トイレの便器が詰まった場合の正しい対処方法や注意点などについてご紹介します。

トイレの便器が詰まってしまったら対処前に止水栓を閉める

トイレの便器が詰まってしまった場合は、対処する前に、まずは止水栓を閉めましょう。これは、トイレはもちろん、洗面所やキッチンなどの水回りのトラブルを対処する際に共通することです。対処前にトイレの止水栓を閉めることで、便器内から溢れた水による浸水などの2次的なトラブルを避けられます。ちなみに、止水栓のほとんどは、トイレのタンクの横や便器付近の横に設置されています。

トイレの便器が詰まった場合の自分でできる対処法

アクセサリーや眼鏡、ペンなどの他に、子どもが落としたおもちゃなどによりトイレが詰まってしまうことはよくあります。この場合は、落とした物を取り除けば流れるようになるでしょう。ここではその方法をご紹介します。

・ラバーカップを使用する
トイレの詰まり解消の定番といえばラバーカップです。ラバーカップは、排水口にカップの部分を押し付けて、勢いよく引き抜くと圧力がかかることで詰まりが解消します。近頃は、多くの家庭が洋式トイレを使用しています。

そのため気を付けなくてはいけないのは、一般的なお椀型のラバーカップは和式のトイレ用です。洋式用トイレに和式用のラバーカップを使用しても効果が期待できません。洋式用のラバーカップは、お椀の形の先に出っ張りが付いた特徴的な形をしています。ほかに野球の帽子のような形をしたラバーキャップがありますが、この形は節水型のトイレにも対応しており、複雑な形状の便器にも密着します。

・お湯を流してみる
大量のトイレットペーパーや、ペットの糞などの排泄物を流したときもトイレが詰まってしまう場合があります。その場合は、まずお湯を流すという簡単な方法により解決できるかもしれません。誰でも簡単にできるので、まずはこの方法を試してみるとよいでしょう。

・ワイヤーブラシを使用する
ワイヤーブラシはワイヤーパイプクリーナーやクリーナーブラシと呼ばれることもあります。バネになって伸びた針金の先に特殊な形状のヘッドが付いている構造で、異物を押し崩したり引っ張り出したりする動きで詰まりを解消します。

トイレの便器が詰まった原因である異物の除去方法

ここでは、上記でご紹介した除去方法を詳しくご案内します。

・ラバーカップを使用する
まず作業中便器内の水が飛び散らないように、透明で大きめなゴミ袋で便器を覆っておきます。次にラバーカップを排水口に密着するようにセットします。ここで注意することは、便器にはカップ部分が浸るくらいの水位にしておきましょう。こうすることで真空状態を作りやすくなり、ラバーカップの効果を発揮できます。

まずカップ内の空気を押し出すイメージで、カップが凹むくらいまでゆっくりと排水口に向けて押し付けます。しっかりと押し付けたら、次は勢いよく引き上げるという作業を繰り返してください。このように、カップを押したり引いたりすることで水流を作り出すので、このことをイメージしながら行うとよいでしょう。これを繰り返すことで勢いにより、奥に詰まっていたものが便器へ押し戻されてくれば成功です。

次に、本当に詰まりが解消したかを調べるために、バケツなどを利用し少量ずつゆっくりと水を流してみます。レバーで水を流さない理由は、万が一詰まりが取れていなかった場合に便器から水が溢れてしまう危険があるからです。水を流した結果、スムーズに流れていけば作業完了です。

・お湯を流す方法
これは、お湯によって詰まりをふやかす効果を狙った簡単な方法です。便器は陶器製で熱湯には耐えらないので、ここで使うお湯は40~60℃程度のものを使用してください。また便器内の水位が高いままお湯を流し込むと、水の多さでお湯がぬるくなるほか、便器から水が溢れてしまう可能性もあります。そのため、まず便器内の溜まっている水は、灯油ポンプなどを使用してバケツなどに移しましょう。

移したら、少し高い位置から勢いをつけて排水口に向かってお湯を流し込んだら30分から1時間ほど放置します。これを何度か繰り返しましょう。時間はかかりますが、放置することで詰まっていた物がふやけていきます。詰まりが取れたようならば、ラバーカップのときと同様に、水を少量ずつ流してみて、便器内から水が溢れなければ完了です。

・ワイヤーブラシを使用する方法
ワイヤーブラシを使用する際は、ラバーカップのときと同様、透明で大きめのビニール袋などを便器にかぶせてから始めましょう。便器内の水位は特に気にすることはありませんが、作業が見えやすく飛び散らない程度の水位にします。

ワイヤーブラシを便器に伸ばし入れ、「詰まりに引っかかったかな」と感じたところでワイヤーを前後させて崩してください。この方法は、ティッシュペーパーや排泄物など崩れやすいものが詰まった場合に効果を発揮します。オムツやタオルなど水に溶けないようなものが詰まった場合は、引っ張り出すイメージでワイヤーブラシを前後させて取ります。くれぐれも詰まったものを押し込まないように気を付けましょう。

自力で対処する際の注意点

ラバーカップ、お湯、ワイヤーブラシなどで排水管の詰まりを取り除く際には、便器の電源をオフにして、コンセントも抜いておいてください。自力で対処しても詰まりが取り除けず、詰まりを取っても水が溢れるようであれば無理な作業はやめて、専門業者に修理を依頼したほうがよいでしょう。

トイレから水漏れがしたらさが水道職人へお電話ください

トイレの詰まりでお困りの際には、さが水道職人までご連絡ください。さが水道職人は、佐賀市、唐津市、鳥栖市、多久市、鹿島市、嬉野市、みやき町など佐賀県のさまざまなエリアで、水回りのトラブルに対応している業者です。老朽化したトイレの修理・交換作業も承ります。キッチン、洗面所、お風呂の水漏れもお任せください。さが水道職人のプロスタッフがお客様ところへ駆け付けて、水回りのトラブルを解決いたします。

佐賀のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「さが水道職人(佐賀水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

さが水道職人(佐賀水道職人) 0120-492-315

さが水道職人(佐賀水道職人) 0120-492-315