【水道局指定工事店】佐賀のトイレ・台所の排水管のつまりやお風呂・水漏れ修理なら「さが水道職人」 » 洗面所の水道管から濁った水が出たときのトラブルの原因と対処方法について

佐賀 地元密着、実績10万件
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

洗面所の水道管から濁った水が出たときのトラブルの原因と対処方法について

2021年09月11日 洗面所のトラブル


洗面所の水道管から濁った水が出てきたら?

洗面所で濁った水が出てきたことはありませんか?濁った水の正体を知っていれば、それほど慌てることはありません。ただ、状況によっては衛生的に口にしない方がいい場合もあるので、知識を持っておくことは大切です。今回は、洗面所で濁った水が出てきた場合の、正しい対処方法や注意点などについてご紹介します。

洗面所で濁った水が出てきたら水の色をチェック

洗面所の水の異変に気が付いたら、まずは水の色をしっかりとチェックしましょう。水の状態を観察して種類を特定することで、対処法がわかります。

・濁った白い水が出る場合
濁った白い水は、空気が入り込んでいることが原因です。何か特別なことではなく、勢いよく水を出したことにより蛇口の上部から空気を吸い込み、それが細かい気泡となるため白く見えるだけです。何も害はないので、通常通り使用しても問題ありません。

・赤茶色の水が出る場合
赤茶色の水が出ることは年季の入った建物などでよく起こる現象です。これは、給水管や排水管のサビが原因の場合がほとんどです。しばらく水を出したままにしておいて透明に戻れば、特に問題はありません。いくら水を出しても、赤茶色の水が続く場合は給水管や排水管本体を修理または交換する必要があるでしょう。

・青色の水が出る場合
水道から青色の水が出る場合は、銅管のサビが原因である可能性が高いといえます。色と同時にサビの臭いがする場合もあります。この場合は水道管の交換が必要な可能性があるので、管理会社や大家さんに連絡しましょう。

濁った水が出てしまったときの自分でできる対処法

濁った水が出てしまったときは、業者に連絡する前にやっておくことがあります。自分でできる対処法をまずは行ってみて、それから依頼しましょう。

・数分間水を流し続けてみる
水道関連の工事をした後は水が濁ることはよくあります。業者より「しばらく水を流しておいてください」と言われた経験がある方もいるでしょう。最短であれば10秒ほどで元の水に戻ります。長くても5分程度で戻るので、しばらく水を流して通常の水に戻るか様子をみましょう。

・透明のコップに水を入れて確かめる
濁った水道水を入れて数分置いてみましょう。空気が入っただけの白い濁りならば、通常の透明の水に戻ります。しかし、何度コップに入れても変わらず赤色や青色の濁りのある水で、鼻につく臭いがある場合は、専門業者に連絡しましょう。

・蛇口のフィルターを掃除する
蛇口にはストレーナーと呼ばれるフィルターとしての役割の器具があります。このストレーナーを清掃し清潔に保つことで、水の濁りは解消されるかもしれません。定期的にストレーナーを清掃するとよいでしょう。

・浄水器やウォーターサーバーを利用する
日本の水道水は安全と言われていますが、地域により水源が違うので水質も違いがあります。水源によっては、あまりきれいではなく、それに伴い水道水の品質がそもそも良くない場合もあるのです。その場合、料理や飲料の際の味などにも影響するため、浄水器やウォーターサーバーなどを利用することをおすすめします。

浄水器は高度なフィルターにより水の中に混入しているサビや汚れなどを取り除いてくれるのです。またフィルターには、塩素を取り除くタイプをはじめとして、さまざまな種類があります。よく調べたうえで、自分の悩みを解決するフィルターを購入するとよいでしょう。

ウォーターサーバーはいつでも美味しい水が味わえる便利なものですが、置く場所が必要なことと、月々の電気代と水の代金がかかることがデメリットです。しかし、水道水はあまり使用しなくなるので、水道代は今よりは安くなります。美味しく安全な水は私たちの生活に欠かせないものなので、浄水器やウォーターサーバーを検討するのもよいでしょう。

洗面所から悪臭がある場合の原因と対処法

洗面所から濁った水が出た場合は同時に悪臭も気になることがあります。ここでは臭いの原因について説明します。

・鉄の臭いがある
アパートやマンションの中でも、比較的古い建物では給水管の劣化により鉄の臭いが水に移ってしまうことがあります。飲用しても特に問題はありませんが、気になるようであれば管理会社や大家さんに相談してみるとよいでしょう。

・腐敗臭がある
ピアスなどの小さなものを排水管に落としてしまうことはよくあるのではないでしょうか。落下物が下水まで流れてしまえばよいのですが、排水管のS字部分に引っかかってしまう場合があります。それが流れてくる汚水や歯磨き粉、石鹸の成分などと化学反応を起こし、いずれ腐食します。

腐食物はそのまま堆積しますが、堆積した部分の排水管も浸食され穴が開いてしまうことがあり、そこから悪臭が広がることが原因です。こうなってしまうと、排水管を交換するしか臭いを止める方法はありません。

・塩素系の悪臭がある
悪臭といっても消毒系の臭いの原因は、まさしく法律で義務付けられている塩素です。塩素がないと水道水が病原菌などで汚染される可能性があるため、衛生上必要なものなので水質に問題はありません。

・カビの臭いがある
カビのような臭いは、梅雨や台風の時期などの激しい雨が降る時期に起こりやすい現象です。これは、水源であるダムや河川、貯水池などで微生物や藻などが繁殖したことが原因で、カビの臭いや土の臭いなどが水に付きやすくなってしまうからです。安全性には特に問題がない場合が多いでしょう。

洗面所から濁った水が出たらさが水道職人へお電話ください

洗面所から濁った水が出てお困りの際には、さが水道職人までお電話ください。さが水道職人は、佐賀市、唐津市、鳥栖市、伊万里市、多久市、基山町、神埼郡など佐賀県のさまざまなエリアで、水回りのトラブルに対応している業者です。

老朽化したトイレの修理・交換作業も承ります。キッチン、洗面所、お風呂の水漏れもおまかせください。さが水道職人のプロスタッフがお客さまところへ駆け付けて、水回りのトラブルを解決いたします。

佐賀のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「さが水道職人(佐賀水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

さが水道職人(佐賀水道職人) 0120-492-315

さが水道職人(佐賀水道職人) 0120-492-315