【水道局指定工事店】佐賀のトイレつまり・水漏れ修理なら「さが水道職人」 » トイレの水漏れに慌てないために。原因と対処法を知っておこう!

佐賀 地元密着、実績10万件
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

トイレの水漏れに慌てないために。原因と対処法を知っておこう!

2021年05月07日 トイレのトラブル


「トイレの床が濡れている!」そんな経験をしたことはありませんか?そんなとき、トイレの水漏れを解消するために、なんとか自分で修理しようとトイレタンクの中を安易に触ると、水漏れを悪化させてしまうことがあります。今回はトイレの水漏れが起きた時に備えて、水漏れの原因やその対処法を頭に入れておきましょう。

トイレの水漏れの原因

トイレの水漏れで考えられる原因を紹介します。

・接続部の経年劣化
トイレの水漏れ原因で多いのが、経年劣化による不具合です。便器とトイレタンクの接続部や、便器と床の設置部分など、それぞれの接続部分に使用されているパッキンが劣化してひび割れたり、部品を固定しているナットやネジが緩んだりすることで水漏れが起きます。これらの接続部分は時間とともに劣化しやすく、亀裂がわずかにできているだけで水漏れしてしまいます。特に、トイレタンク内の部品は劣化しやすく、水漏れの原因となります。トイレタンクはたくさんの水を溜める場所なので、長年使っていると部品の位置がズレたり、接続部分が劣化したりしやすくなります。

・オーバーフロー管の破損
オーバーフロー管にひびが入ると、そこから水が入り便器内に流れてきます。この場合、オーバーフロー管を新しいものと交換すれば、水漏れが解消するでしょう。

・便器のひび割れ
トイレは陶器でできているものがほとんどなので、普通に使っているだけでは簡単に割れません。しかし、物をぶつけたり無理に力を入れたりすると、ひび割れてしまうこともあります。便器のひび割れは子供がトイレを踏み台にして物を取ったり、タンクのフタを持ち上げて落とす、掃除で熱湯を便器内にかけるなどによって起こります。また、知らず知らずのうちにひび割れの原因となる行動をしていることもあります。

・トイレの設置不良
設置不良によって水漏れが起きることもあります。この場合、部品の劣化とは違い、自分で修理するのは難しいです。部品の劣化と見分けにくいですが、設置不良かどうか確かめる方法を紹介しますので、チェックしてみてください。便器の中に墨汁を垂らして一晩そのまま置き、床下を確認して墨汁の混ざった水が漏れている場合は、設置不良が原因だと考えられます。専門業者に連絡して修理してもらいましょう。

水漏れの対処法

トイレから水漏れが起きた時の対処法を知っておくと、突然のトラブルにも慌てずに対処することができます。

・止水栓を締めて
トイレの水漏れに限ったことではありませんが、水漏れを見つけたら止水栓を締めて水が出てこないようにしましょう。水を止めることで作業がしやすくなりますし、水道代の無駄を防ぐこともできます。止水栓の場所は、洋式トイレの場合、トイレタンクの横が多いので確認しておきましょう。

・部品の緩みを確認
給水管や排水管に取り付けられているナットやバルブに緩みがないか確かめてみましょう。緩んでいる場合は、ペンチで少しずつ締めてください。この時、強く締めすぎるとパイプを圧迫して水が出なくなったり、水漏れを悪化させたりしてしまいます。

・部品の交換
トイレタンク内の部品やパッキンなどの劣化や破損が原因の場合は、それらの部品を新しいものに交換することで水漏れを解消できます。部品を交換する際には、それぞれのパーツを分解することになるので、その分解の順番を覚えておく必要があります。部品を交換し終わったら元の状態に戻していくので、そこで組み立ての順番を間違えると症状を悪化させてしまいます。

パーツを組み立てる順番を忘れない方法として、分解の過程をスマートフォンのカメラ機能を利用して撮っておくのがおすすめです。交換が終わり元の状態に戻す時は、写真を逆の順番に見ながら組み立てていけば、間違えずに元通りにすることができます。

また、交換する部品をホームセンターで購入する場合は、古い部品を直接お店に持って行き、お店の人に聞くと安心です。その際に、トイレのどの箇所で使う部品かを明確に伝えると、正しい部品を購入することができます。

トイレの水漏れ修理の注意点

トイレの水漏れ修理を行う前に、「水漏れした部分をしっかりと拭き取る」「結露対策を行う」という2点に気をつけましょう。それぞれについて詳しく説明します。

・水漏れした部分をしっかりと拭き取る
水漏れによって床が濡れていると、修理中に滑って転倒の危険性があります。修理前に雑巾で水気をしっかりと拭き取っておきましょう。

・結露対策を行う
トイレ内は湿度によって結露することがあります。
結露がひどいと、水漏れと勘違いすることもあるようです。そのため湿度が上がらないように、こまめに換気することが大切です。また、結露の状態を放置すると、カビも生えやすくなってしまいます。

自分で修理できないと思ったら

トイレの水漏れの原因によっては素人でも修理できますが、原因がわからない場合は、プロでないと特定できないこともあります。また、ナットを締めすぎたり部品が合わなかったりして、修理に失敗してしまう恐れもあります。少しでも自分で修理するのが難しいと感じたら、専門業者に依頼しましょう。

さが水道職人は、佐賀市や唐津市、鳥栖市や伊万里市、武雄市など佐賀県全域の水回りの修理からメンテナンスまで対応しています。24時間365日受け付けているので、突然トイレの水漏れで困った時も、すぐに駆け付けて解決に導きます。費用や修理内容が心配な場合は、無料の出張お見積りも行っているので、まずはお気軽にご相談ください。

佐賀のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「さが水道職人(佐賀水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

さが水道職人(佐賀水道職人) 0120-492-315

さが水道職人(佐賀水道職人) 0120-492-315