【水道局指定工事店】佐賀のトイレ・台所の排水管のつまりやお風呂・水漏れ修理なら「さが水道職人」 » 自分でもできる洗面台の水漏れ修理

佐賀 地元密着、実績10万件
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

自分でもできる洗面台の水漏れ修理

2021年08月13日 洗面所の水漏れ


洗面台の水漏れ修理は、自分ではできない場合もありますが、自分でできる場合もあります。
あえて業者には依頼せず、自分で行える水漏れの修理方法を見ていきましょう。
自分で作業をする自信がない人は、当然業者に依頼をするようになります。

ハンドルから水漏れが発生している場合の修理方法

洗面台に設置されている蛇口のハンドル部分から水漏れが発生している場合、自分でも修理をすることが可能です。

修理の方法として、まずは止水栓を止めるのですが、これはどの部分から水漏れをしていても必ず行うべき作業になります。
そのため、止水栓がどこにあるのかを事前に把握しておきましょう。

次にカラービスというハンドルの上部に取り付けられているキャップを取り外します。
取るときにはマイナスドライバーを使うのがおすすめです。
カラービスを取り外すと、中にネジが取り付けられているので、プラスドライバーを使ってネジを取り外します。
ネジを取るとハンドルを引き抜けるようになるので、上に持ち上げて引き抜いてしまいましょう。

ハンドルを引き抜くと、上部にナットが取り付けられているので、モンキーレンチを使ってナットを取り外します。
そうするとパッキンの取り外しが可能になるので、パッキンを交換します。
ハンドルから水漏れをしている場合、パッキンが劣化している可能性が高いのです。

ただし、パッキンにはいろいろな種類があるので、自宅の蛇口に使用されていたのと同じ物を購入しなければいけません。
パッキンを交換したら元の状態に戻し、止水栓を開けて水漏れをしていないか確かめましょう。
水漏れしていなければ、これで作業は完了となります。

今回紹介したのは、ハンドルタイプの水栓の場合です。
シングルレバータイプの場合には、若干交換方法が異なるので注意しましょう。


パイプの途中で発生している水漏れを一時的に止める方法

洗面台で水を使用した場合、下にある排水パイプを伝って流れていきます。
排水パイプからも当然水漏れが発生する可能性があるのですが、繋ぎ目ではなくパイプの途中から水が漏れている場合には、交換するしか方法がありません。

しかし、僅かな水漏れであれば、一時的に止める方法は存在しています。
通常は止水栓を止めてから作業を行うのですが、パイプの途中から水が漏れている場合には、漏れている箇所を特定しなければいけません。

まずは水漏れをしている箇所を特定し、その後止水栓を止めるようにしましょう。
水漏れしている箇所が特定できたら、自己融着テープを使います。
自己融着テープは自由にカットすることができるので、適切な長さにカットして、水漏れが発生している箇所に巻き付けます。

この方法は軽度の水漏れには効果がありますが、重度の水漏れには効果がないと思った方がよいでしょう。
また、軽度の水漏れではあっても、時間が経過するとまた水漏れが発生する可能性があるので、できる限り早めに排水パイプ自体を交換するべきです。


パイプの繋ぎ目から水漏れしているときの修理方法

洗面台の排水パイプには繋ぎ目が存在しています。
繫ぎ目はナットで固定してあるのですが、ナットが緩んでしまうことでも水漏れが発生します。

まずはナットの緩みがないか確認してみましょう。
緩みがない場合には、パイプのズレやパッキンの劣化が考えられるので、止水栓を止めてナットを取り外します。
ナットは手で外せるタイプもありますが、モンキーレンチを使わないと外せないタイプもあるので、必要に応じて工具を揃えておきましょう。

パイプにプラスチックの素材が使用されている場合には、パイプごと交換しなければいけない場合もあります。
プラスチック素材の場合、自分で交換するとサイズを合わせなければいけないので、パイプカッターが必要になります。
パイプカッターが自宅に用意してあって、技術にも自信があるようであれば、自分で長さを揃えて交換することも可能です。

しかし、いくら技術に自信があったとしても、排水パイプの種類によっては部品が販売されていないこともあります。
特に古いタイプの場合、すでに販売が行われていないこともありますし、用意するのが難しい工具も存在しています。
このような場合には、無理をして自分で修理を行わず、業者に依頼をして直してもらうのがよいでしょう。

もちろん技術に自信がない場合や、自分で行うともっと酷くなる可能性があるから心配という人も、遠慮なく業者に頼むべきです。


水漏れの修理は部品の交換が多くなる

水漏れをしている原因の多くが、パッキンなどの部品が劣化して発生するので、部品の交換が必要になるケースが多いでしょう。
しかし、自分で部品を買い揃えるのは大変ですし、種類も多いので買い間違えてしまうこともあります。

そのため、水漏れの修理は無理をして自分で行うよりも、さが水道職人まで依頼をしてもらいたいと思います。
佐賀市や鳥栖市、伊万里市、嬉野市、多久市、西松浦郡など佐賀県の大半をカバーしていますし、どのような水のトラブルでもすぐに直すことが可能です。


佐賀のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「さが水道職人(佐賀水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

さが水道職人(佐賀水道職人) 0120-492-315

さが水道職人(佐賀水道職人) 0120-492-315