【水道局指定工事店】佐賀のトイレ・台所の排水管のつまりやお風呂・水漏れ修理なら「さが水道職人」 » 何もしないとトイレタンクの老朽化が早くなる

佐賀 地元密着、実績10万件
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

何もしないとトイレタンクの老朽化が早くなる

2021年08月13日 トイレのトラブル


トイレタンクも時間の経過とともにどんどん老朽化していきます。
これはどれだけよい物であっても避けることができません。
しかし、きちんとメンテナンスをしている場合と、何もしていない状態とでは、老朽化する速度が変わってくるのです。

そこでトイレタンクが老朽化する原因と、メンテナンスの方法を紹介していきます。

老朽化を早めてしまう手入れの方法

トイレタンクは何もしないと老朽化が早くなるのですが、メンテナンスを行っていたとしても、間違った方法だとやはり老朽化が早くなります。
トイレタンクをきれいにしようと思ってやっていたことが、実は老朽化を早めてしまうことになっている可能性もあるので、避けるべき手入れの方法を見ていきましょう。

・酸性やアルカリ性の強い洗剤で掃除をしている
トイレを掃除するための洗剤はいろいろな種類が販売されています。
そんな洗剤の中でも、酸性やアルカリ性の強い洗剤を使用すると、トイレタンクの劣化を早めてしまうことに繋がるのです。

トイレタンクを掃除するための洗剤の中には、漬け置きするタイプの物もあります。
漬け置きするタイプの洗剤を使用した場合、長時間トイレタンクの中に洗剤の成分が残ることになります。

トイレタンクの中にはいろいろな部品が使用されているので、漬け置きすることで普通に掃除をするよりも早く部品が劣化してしまうこともあるのです。
そのため、トイレタンクを掃除する場合には、できるだけ中性の洗剤を使うようにしましょう。

ちなみに洗剤の代わりに重曹やクエン酸などを使って掃除をする人もいますが、トイレタンクの掃除にはあまり適していません。
もし使用する場合には、重曹を少量使うとよいでしょう。

・芳香剤の使用もトイレタンクの劣化に繋がる
トイレは狭い空間に設置されていることが多いですし、どうしても臭いがこもりやすい場所なので、人によっては臭い対策として芳香剤を設置していることもあるでしょう。
実は芳香剤を使用することでも、トイレタンクの劣化を早めているのです。

芳香剤はトイレタンクの掃除とは関係ないと思う人もいるでしょうが、トイレタンクというのは表面が汚れにくいように、防汚加工が施されている物もあります。
さらに汚れても簡単に落とせるように、コーティングが施されている場合もあるのです。

芳香剤を使用することで、汚れ対策を行っている防汚加工やコーティングの効果が薄れてしまうため、トイレタンクの老朽化を早めてしまうのです。
臭い対策をする場合には、きちんと掃除をすることが最も重要だと言えるでしょう。


放置すると老朽化する原因はカビ

トイレタンクをお手入れせずに放置していると、老朽化する原因になります。
その原因となるのがカビです。
トイレタンクの内部には常に水が貯まっています。
しかもフタをしてあるので、かなり湿度が高い状態になっています。

通気性が悪くて湿度が高いところをカビは好むので、放置しているとカビが発生し、劣化を早めてしまいます。
そうならないためには、カビをしっかりと落とす必要があります。

ときどきタンクの内部を確認し、黒くなっている箇所があったらすぐに掃除をしましょう。
カビを落とす場合、カビキラーや漂白剤を使用する人もいるでしょうが、トイレタンクには使用してはいけません。


老朽化を防ぐための掃除方法

トイレタンクの老朽化を防ぐためには、正しい方法で定期的に掃除をする必要があります。
そこでどのように掃除をすればよいのかを見ていきましょう。

まずは止水栓を止め、タンク内の水を空にします。
次にフタを取り外し、フタは中性洗剤を使って洗いましょう。
後はタンクの内部を同じく中性洗剤を使って洗うのですが、取り付けられている部品が汚れていることもあります。
部品を付けたままでも洗えないことはありませんが、毎回ではなくても、たまには部品を取り外して洗った方がよいでしょう。

どうしても中性洗剤では取れない汚れがあった場合には、メラミンスポンジを使うと取ることができます。
洗い終わったらしっかりと水で流し、きれいになっているか確認します。

部品を取り外した場合には、また元通りに戻す必要がありますが、特に注意するべき点が排水弁です。
排水弁に鎖が絡まらないようにすることと、排水弁とタンクの間にゴミを入れないようにすることが重要です。
そうしないと水漏れしてしまうので、しっかりとチェックしておきましょう。

最後に止水栓を開けてタンクの中に水を入れておき、水量に問題がないかチェックします。
問題なければフタを閉めて完了です。


水回りに関するアドバイスもしている

さが水道職人では、水のトラブルを修理することもできますが、修理後にいろいろなアドバイスも行っています。
水漏れを防ぐ方法や詰まりを防止する方法などを教えることもできるので、何か聞きたいことがあれば遠慮なく質問をしてください。

出張エリアも鳥栖市や伊万里市、唐津市、西松浦郡、多久市など範囲が広いですし、佐賀県内なら基本的にどこにでも行くことが可能です。


佐賀のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「さが水道職人(佐賀水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

さが水道職人(佐賀水道職人) 0120-492-315

さが水道職人(佐賀水道職人) 0120-492-315