【水道局指定工事店】佐賀のトイレ・台所の排水管のつまりやお風呂・水漏れ修理なら「さが水道職人」 » トイレの修理は業者に依頼するべきか、自分で直すべきか

佐賀 地元密着、実績10万件
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

トイレの修理は業者に依頼するべきか、自分で直すべきか

2021年08月27日 トイレのトラブル


トイレから水漏れが発生した場合や、便器が詰まってしまった場合は、業者を呼ぶべきか自分で直すべきかと迷うことがあるでしょう。

そこで業者に依頼をしたほうがよい箇所と、自分でも修理が可能な箇所を紹介していきます。
もしトイレで水のトラブルが発生した場合には、参考にしてみてください。

業者に依頼しなくても直せる箇所

トイレで水のトラブルが発生した場合、その修理を業者に依頼しなくても、自分で直せる箇所がいくつかあります。
もちろん自分で作業するのは難しいと感じたなら、無理をして自分で行わず、業者に依頼をしたほうがよいでしょう。
では、どこなら自分でも修理が可能なのかを見ていきましょう。

・トイレタンクの部品
トイレタンクから便器に水がチョロチョロと流れ出てくる場合や、タンクの中が水で溢れてしまうなどのトラブルが発生した場合には、トイレタンクの中に備え付けられているボールタップやオーバーフロー管などの部品の故障や劣化が考えられます。
その部品の交換は自分でも行うことができます。

これらの部品はホームセンターやネットショップで購入できます。
特にゴムフロートは劣化しやすい部品なので、便器に水がチョロチョロと流れ出ている場合には、ゴムフロートの交換がまず必要になります。

・レバーハンドル
トイレには水を流すためのレバーハンドルが取り付けられています。
もし、ボタン式で水を流すタイプのトイレが設置されている場合には、これを自分で修理をするのは難しいので、業者に依頼しましょう。

レバーハンドル式であれば、自分で部品を交換して、水漏れを修理することが可能です。
レバーハンドルはトイレタンクのフタを開けると、チェーンが取り付けられているので、このチェーンを外し、レバーハンドルを固定しているナットを取り外すことで、交換が可能になります。

レバーハンドルにはパッキンが取り付けられているので、パッキンを交換するだけで水漏れが収まることもあります。
レバーハンドルが古くなっている場合には、レバーハンドルごと交換するほうがよいでしょう。


業者に依頼しなければ直すのが難しい箇所

トイレの水トラブルが発生した場合、自分で直すことが可能な箇所もありますが、業者に依頼しなければ直すのが難しい箇所もあるので、無理に自分で直そうとせず、業者に依頼したほうがよいこともあります。
では、業者でなければ修理が難しい箇所は、どこなのかを見ていきましょう。

・便器からの水漏れ
便器から水が漏れている場合、便器に亀裂が入っていたり、床との隙間から水が漏れていたりする可能性があります。
このような場合には、自分で直すのは難しいので、どこから水漏れをしているのかを特定できたら、すぐに業者に修理を依頼しましょう。
トイレは頻繁に使用する場所なので、できる限り早く修理してもらう必要があります。

・給水管や排水管のトラブル
トイレには水を流す必要があるので、当然給水管や排水管が繋がっています。
給水管や排水管から水が漏れている場合、それが給水管の付け根であればパッキンを交換したり、ナットを締め直したりすることで改善されることがあります。

しかし、給水管自体に劣化による穴が開いた場合などは、交換が必要になります。
排水管は床の下に埋まっている状態なので、そこにトラブルが発生した場合には業者に依頼したほうが確実に素早く直してもらえるでしょう。

・ウォシュレットのボタンの故障
最近はウォシュレット付きのトイレが普及しています。
そのトイレの場合、ボタンで水を流す仕組みになっているのが一般的なので、自分で修理するのはまず不可能です。
すぐに業者に連絡し、修理してもらいましょう。


異物を流さないことと定期的な掃除が重要

できることならトイレの不具合は起こさないようにしたいと思うのが普通ですが、そのためには異物を流さないことと、定期的に掃除をすることが重要になります。
この2点をしっかりと守るだけで、トイレの故障する頻度を減らすことができるのです。

便器はよく掃除をするけれど、他の部分はあまり掃除をしないという人がいるでしょうが、特にトイレタンクの内部や、便器の縁などは常にきれいにしておかないといけません。

また、異物は絶対に流さないようにしましょう。
トイレに流してよいのは、トイレットペーパーと人間の排泄物だけで、これ以外のものは異物となります。
異物を流してしまったことでトイレが詰まってしまうことがありますし、水が逆流してくることもあります。
たとえトイレットペーパーであっても、一度に大量に流すのはよくありません。


トイレのトラブルが発生したら早めに連絡してください

住宅にはキッチンや風呂場など、水を使用するところがたくさんあります。
中でもトイレは最も頻繁に水を使用する場所なので、水漏れという不具合を起こすことがあるでしょう。

もし水のトラブルが発生したら、すぐにさが水道職人まで連絡してください。
ご連絡をいただいたら、すぐに駆け付けます。
佐賀市、唐津市、伊万里市、多久市、基山町、神埼郡など佐賀県内なら、どこでも対応可能です。


佐賀のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「さが水道職人(佐賀水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

さが水道職人(佐賀水道職人) 0120-492-315

さが水道職人(佐賀水道職人) 0120-492-315