【水道局指定工事店】佐賀のトイレ・台所の排水管のつまりやお風呂・水漏れ修理なら「さが水道職人」 » シャワーからカランへの切り替えができない!シャワーとカランが故障した場合の修理法について解説!

佐賀 地元密着、実績10万件
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

シャワーからカランへの切り替えができない!シャワーとカランが故障した場合の修理法について解説!

2022年11月30日 お風呂

「カランとシャワーの切り替えが全然できない...」シャワーからカランへ上手に切り替えできない時、切替弁ユニットの問題が想定されます。切替弁ユニットの問題が生じている場合、シャワー切り替えの工事をすれば、解消されることもあります。
ただし、切替弁ユニットを工事する前には、カランの現状を把握しておく必要があります。というのも、傷みのレベルによってはカランごと全取り替えした方がいい場合もあるからです。
この記事では、シャワーとカランが故障した場合の修理方法について解説します。

シャワー・カランの切り替え修理の手順


シャワー切替弁ユニットに問題が起こっているときは、新品のものと交換することで解決できます。ここからは、はじめにシャワー切替弁ユニットを交換するときの準備について説明します。切替弁ユニットを自分で交換しようと思っている人は、下記の内容を見ながら必要なものを揃えてみてください。
カランの製品番号をチェック
切替弁ユニットを買うときは、カランの製品番号に適した切替弁ユニットを買わなければなりません。カランの製品番号は取扱説明書やカラン本体ラベル記載の情報を目で見て確認してみてください。
カランの製品番号を確認したら、製品メーカーの公式サイトを閲覧したり、カスタマーサービスに問い合わせるなどして、ご自宅のカランの製品番号に適した切替弁ユニットをリサーチしてください。
カランに適した切替弁ユニットが見つかったら、切替弁ユニットを製品メーカーやオンラインショップ、ホームセンターなどで買いましょう。
シャワー切替弁ユニットを交換するときは、新品の切替弁ユニット以外に作業に使う工具が必要になります。止水栓を閉じるマイナスドライバーやパーツを外すモンキーレンチを準備しておきましょう。
切替弁ユニットの修理手順
切替弁ユニットを交換するとき、カランのタイプや製品メーカーにより交換方法は違ってきますが、ここでは通常の方法を解説していきます。以下の手順に沿っておこなってください。
・止水栓を閉じる:カランの下部にある止水栓をマイナスドライバー(なければ10円玉でもできます)で時計回りに回して閉めてください。止水栓は左右両側にあるので、必ず閉めましょう。
もしも、止水栓を閉め損ねた場合、カランを分解している最中に水や熱いお湯が出てくる危険があります。熱いお湯が出てくると火傷する危険があるので、止水栓は忘れずに閉めておいてください。
・取っ手を外す:取っ手は横側にキャップがついていなければ、手で抜いて取り外せます。取っ手の側面にキャップがあるときは、マイナスドライバーを取っ手とキャップの間に差し込んでキャップを取り外したあと、取っ手を抜き取ってください。
・ナットを取り外す
表示リングを取り外すと金属製のナットが出てくるので、取り外します。手で引き抜くのは困難なので、ナットにモンキーレンチをかませて、時計と反対回りに回して緩めながら外してください。
・切替弁ユニットを取り外す:ナットを外したら、プラスチック製品の白い切替弁ユニットを外せます。切替弁ユニットは、あらかじめ取り外しておいた取っ手とキャップを装着し手前に引き抜けば、取り外せます。
・切替弁ユニットを装着:切替弁ユニットの突き出ている個所を、カラン本体の窪んでいる個所に合わせて取り付けてください。一連の作業が終わったら、あとは元の手順でナットと取っ手を付け直し、止水栓を開ければシャワー切替弁ユニットの修理は終わりです。
カランの切り替え動作ができないとき、カランごと交換する方がいい場合もあります。次の項目からはシャワーとカランの切り替え動作ができなくなる原因と、カランごと交換したほうがいい場合を解説していきます。

シャワーからカランへ切り替えできないときの原因


シャワーとカランの切り替え動作ができないとき、切替弁ユニットのトラブル以外にも切り替え個所のパッキンの傷みが原因ということもあり得ます。
パッキンの老朽化など、切替弁ユニット以外にも問題があるときは、カラン自体を交換することをおすすめします。故障部分がいくつかあるときは、カラン自体に寿命がきているケースがあります。寿命がきているときは、老朽化したパーツを直しても他のパーツが傷んで再び問題が生じることがあります。
カラン交換の基準
使った回数や使用方法により変わってきますが、カランの交換基準は10程度と言われています。「うちは10年以上使用している」という人もいるかもしれませんが、長期間同じカランを使用していると問題が起こりやすくなるのです。
切替弁ユニット以外に問題がなくても、カランを10年以上使用している時は、交換することをおすすめします。

カランを全取替えするケース


以上、カラン交換をしたほうがいい症例をご紹介しました。ただ、人によっては「カラン交換を自力でおこなう自信がない」「どのカランを準備すればいいかわからない」という人もいるでしょう。
自力によるカラン交換ができないときは、水道業者に依頼するのがベストです。
自力でしてしまうと、誤って水漏れの問題が生じてしまう危険があります。一方水道関連のプロである専門業者に依頼すれば、確実に不具合を解消してもらえるのです。
ただ、「水道業者に依頼すると、高い費用額になりそう」と思う人もいるかもしれません。そこで、次項からはカラン交換を水道業者に依頼したときの費用について説明します。

カラン交換にかかる費用相場


カラン交換の費用額は、1万円〜1万5,000円くらいが相場で、その内訳は基本料金と作業費用です。カランの交換は、ほかにも材料費や出張費用、夜間実施するときには深夜料金もかかるケースがあります。
正確な費用を知るためには、水道業者から見積りを依頼することをおすすめします。このとき、見積りを無料でおこなう水道業者に依頼するといいでしょう。
というのも、見積りを無料でおこなう業者に依頼すれば、かかる費用を心配せずに見積り金額を知れるので、予算内に収まる水道業者を見つけやすくなるからです。業者選びのポイントについては、次項で詳しくお伝えします。
業者を選ぶときの注意点
もし水道業者にカラン交換を依頼することを決めたら、以下の業者の選ぶポイントを押さえながら見積もりを依頼しましょう。
・水道業者公式サイト上の料金情報と違いがないか問い合わせる
・カランの取り替え実績がどのくらいあるか調べる
・利用者の口コミがどうなっているか、チェックする
はじめに、水道業者公式サイト上では、安い料金で提示されていても、実際には出張費用や追加オプション費用などで高くついてしまう場合もあります。したがって、サイト情報だけを信用するのではなく、具体的な詳細を電話やメールなどで問い合わせして確認しておきましょう。
また、カランの交換修理を依頼するのですから、その実績がなければ心配ですよね。こちらも実績がサイト上に掲載されていたり、企業が自社YouTubeチャンネルなどで工事事例を配信していたりするので、作業の丁寧さを確認しておくのもいいでしょう。
そして、水道業者の利用者がどのような評価をしているのか口コミサイト、近所の業者であれば、口頭で聞いておくのも一つの手段です。
以上の3点は業者を選ぶ際のポイントとなるので、交換工事を依頼する前に必ず確認しておきましょう。それを踏まえた上で複数業者に見積もりをお願いし、相見積もりをして比較検討してから実際に修理を依頼することをおすすめします。

まとめ


今回は、シャワーからカランへの切り替えができないときに、シャワーとカランが故障した場合の修理法を解説してきました。突然の故障に慌ててしまい、どうすればいいか迷ってしまうこともあるかと思います。ただ、今回ご紹介した修理手順を冷静におこなえば、解消されることも多いです。
もし自分で対処しても改善されないときは、水道業者にお願いし確実に直してもらいましょう。

佐賀のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「さが水道職人(佐賀水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

さが水道職人(佐賀水道職人) 0120-492-315

さが水道職人(佐賀水道職人) 0120-492-315