【水道局指定工事店】佐賀のトイレつまり・水漏れ修理なら「さが水道職人」 » マンションのトイレに子どものおもちゃが!正しい対処法を解説

佐賀 地元密着、実績10万件
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

マンションのトイレに子どものおもちゃが!正しい対処法を解説

2021年01月31日 トイレのトラブル
佐賀_14

子どもと一緒に生活していると、想定外のトラブルに巻き込まれてしまうことも少なくありません。「マンションのトイレにおもちゃを流してしまった!」という事態も、大人にとっては想定外に当たるのではないでしょうか?パニックになる前に、今回紹介する情報を参考にしてみてください。

マンションのトイレに異物を落とした場合の問題点は?

幼い子どもが、トイレにおもちゃを流してしまうというトラブルは、決して珍しいものではありません。子どもたちは好奇心の塊。「水が勢いよく流れていくのが面白かったから」など、大人が驚く理由で、びっくりするようなことをしでかすケースも少なくないのです。

とはいえ同じトラブルであっても、トイレに流したおもちゃが与える影響は、一戸建てかマンションかによって大きく違ってくるでしょう。

一戸建ての場合、自宅のトイレから繋がっている排水管は、自分の家だけが使う専用設備です。トイレから排水管までのいずれかのポイントで詰まってしまった場合でも、被害を受けるのは自宅だけと考えられます。

一方でマンションなどの共同住宅においては事情が異なります。各戸のトイレから伸びる排水管は、マンション内の他の住宅から伸びる排水管と合流しながら公共の下水道へと運ばれていきます。
自宅から流れ出たおもちゃが、他の家から伸びる排水管との合流ポイント先で詰まってしまった場合、自宅以外の場所でもトイレ詰まりによる逆流トラブルが発生する可能性が高まるでしょう。マンション内の他の家にとっては、まさに寝耳に水の出来事で、損害が大きくなってしまう可能性も。

汚水が溢れることで損害が発生し、賠償金や慰謝料を求められるケースもありますから、決して油断はできません。

・普段から子どもと、トイレの使い方について確認しておくこと
・トイレに小さなおもちゃを持ち込まないこと
・子どもが小さいうちは、トイレに雑貨を飾るのを控えること

これらの点を意識し、トラブル発生を予防しましょう。

まずは管理会社に連絡して指示を仰ぐ

残念ながらすでにトラブルが発生している場合は、できるだけ早く正しく対処することが、被害を食い止めるためのコツとなります。トラブルを自宅内だけで留めるためにも、素早く確実に対処していきましょう。

集合住宅のトイレにおもちゃを流してしまった場合、まずは管理会社に連絡します。これからどう行動するべきか、指示を仰いでください。管理会社を通さずに話を進めると、かえって話がこじれてしまう可能性も高いので、忘れないようにしましょう。

管理会社を通じて水道修理業者を手配してもらえるところもあれば、状況を把握した上で、自分で業者を手配するよう求められるところもあります。

自分で手配する場合、「管理会社に連絡しても意味がないのでは…」と思いがちですが、そんなことはありません。管理会社が状況を把握していれば、その他のお宅でトラブルが発生した場合でも、早急に対処できるようになります。管理会社の連絡先は、すぐに確認できるようわかりやすい場所にまとめておきましょう。

業者対応の方法は?

マンションのトイレに流したおもちゃを自力で取り出せない場合、業者に修理を依頼することになります。マンション内のどこに異物が詰まっているのかによって、工事内容は変わってくるので注意しましょう。

★自宅のトイレの排水口すぐの場合
詰まった場所が排水口のすぐ近くだった場合、手を突っ込んだり、ワイヤーパイプクリーナーを使ったりして、詰まったおもちゃを取り除きます。

★自宅のトイレの排水溝の出口の場合
排水溝の奥まで入り込んでしまったおもちゃは、入り口から手を伸ばしても取り除けません。この場合、便器を床から取り外して作業する必要があります。基本料金だけでは対応できず、便器取り外し・再取り付けのためのオプション費用が加算される可能性があるでしょう。
ここまでの位置でおもちゃが発見できた場合、マンション内の他のお宅に被害が及ぶことはありません。修理が完了するまで自宅のトイレは使えませんが、それさえ守ればこれ以上被害が広がることもありませんから、まずは一安心です。

★メインの排水管の場合
各住居から伸びている排水管ではなく、それぞれの排水管がつながった先のメインの排水管が詰まってしまった場合、修理作業は大掛かりなものとなります。個人で対応できるレベルではないので、管理会社や管理組合に相談しましょう。業者対応の方法からもわかるとおり、マンションのトイレに流してしまったおもちゃは、できるだけ入り口に近い場所で回収するのがベストです。修理工事も簡単に済みますし、費用の負担も少なくなります。

中には「おもちゃを流してしまったから」という理由で、何度も水を流したり、ラバーカップを使ったりする方もいます。これらの方法を選択すると、おもちゃをさらに奥へと押し込んでしまう可能性があり、注意が必要です。

佐賀県内のマンションにも急行いたします!

さが水道職人は、佐賀県内で豊富な修理実績を持つ水回りのプロです。
佐賀市、唐津市、鳥栖市など、マンションが多いエリアにも弊社スタッフが急行いたします。急なトラブルも、安心してお任せください。
トイレのおもちゃ詰まりは、できるだけ早く業者に依頼し、確実に取り除くのがベストです。経験豊富な私共が、お客さまが抱える問題を解決します。

佐賀のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「さが水道職人(佐賀水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

さが水道職人(佐賀水道職人) 0120-492-315

さが水道職人(佐賀水道職人) 0120-492-315