【水道局指定工事店】佐賀のトイレつまり・水漏れ修理なら「さが水道職人」 » トイレの詰まりトラブルの原因や対処方法

佐賀 地元密着、実績10万件
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

トイレの詰まりトラブルの原因や対処方法

2021年06月04日 トイレのトラブル


トイレのトラブルで一番多い詰まりトラブル

トイレにおける水トラブルの中でも非常に多いのが詰まりトラブルです。トイレでの詰まりはさまざまな原因によるものがあります。今回はその原因ともなり得る異物や、意外にも流してはいけないものなどについてもご紹介していきます。

トイレの詰まりトラブルの原因になるものとは?

小さなお子様のいるご家庭ならば、うっかりお子さんがおもちゃを持ち歩いて、おもちゃを落としてしまうといったことがしばしば起こります。おもちゃはプラスチックなどでできたもの、布製でできたものなどさまざまですがいわゆる固形物ですので水に流れることはありません。お子様がみえる場合は誤って、おもちゃを持ってトイレに入る事がないように見守っておきましょう。

この他にもお子様だけでなく大人でも落としてしまう危険性があるものが、ハンカチやライターです。胸ポケットやボトムスのポケットに入れているために、何かの拍子に便器の中にこれらを落としてしまうケースがよくあります。使い捨てライターなどの小さなものであれば、偶然にも詰まらなくて済んだというケースもありますが、途中で引っかかり詰まりにつながるケースもありますのでライターを落とした場合も落とさないようにしましょう。

また、トイレ用消臭剤のキャップを落としてしまうこともあります。小さなものですがこちらも詰まりの可能性がゼロと言うわけではありませんので、落とさないよう注意を払いましょう。

大人がやってはいけない携帯電話やスマホの持ち込み

お子様がおもちゃをトイレに持ち込むように、大人もついつい不要であるのに持ち込んでしまうものがあります。それが携帯電話やスマホです。若年層を中心についトイレに持ち込んで携帯やスマホを触るという方がいます。携帯電話やスマホなどを持ち込む理由には、用を足す最中に暇つぶしになるであるとか、誰かにスマホを見られたくないからなどといった声が良く聞かれます。

ただし、トイレの中にはさまざまな最近やウイルスがあるために非常に衛生面でもよくありません。また、スマホや携帯電話はどうしてもツルツルしているので滑りやすく、便器の中に落としやすいので詰まりの原因にもなりかねません。できるだけスマホなどをトイレに持ち込むことは避けましょう。

トイレに流せそうだけれど流せないもの

トイレの中に入れても流れるだろうと思っても流せないものもいくつかあります。たとえば、ペットを飼っている方はペットの排泄物とともにペットのトイレ砂が付いていて一緒に流してしまうという事があります。砂は水には溶けませんので流さないように中止してください。またペットシートも流せません。誤って流さないようにしましょう。

また、食事の食べ残しや嘔吐物の処理に困ってそのままトイレに流してしまうのも危険です。トイレで流れるのは大・小便とトイレットペーパーのみです。食べ物は水に簡単に溶けるものではありませんので、流すと詰まりを起こす可能性が非常に高いです。排泄物と同様に扱うのはやめましょう。

また、生理用ナプキンやおむつ、おしり拭き、お掃除シート、トイレクリーナーを流してしまうという方もいらっしゃいます。ナプキンやおむつは流れないだろうと想像できる方も多いですが、お掃除シートの中には「流せる」とうたわれているのでつい大量に流してしまう方も少なくありません。

しかし、本来、紙はトイレットペーパーを流す場所であり、流せるとしてもせいぜい1枚程度です。掃除に当たっては2枚以上のお掃除シートを使ってお掃除する方がほとんどですので一度に流すことは厳禁です。

また意外に流せそうなティッシュペーパーも同様に流してはいけません。ティッシュペーパーは水に溶けませんので、トイレの詰まりの原因となります。トイレットペーパーがないからと代用でティッシュペーパーを使う方がいらっしゃるかもしれませんが、便器に流すのではなく、その場合は袋に密閉して捨てるなどして対処しましょう。

もしトイレ詰まりを起こしたときどうする?HOW TO

トイレの水が流れない、またはトイレの奥からゴボゴボなどというような異音が発生している場合は既に排水管での詰まりトラブルが起こる前兆です。トイレで詰まりを起こした場合、原因によって対処が変わってきます。

まず、今回ご紹介し多様な固形物など水に流れないものを流してしまった場合、よくあるスッポン、いわゆるラバーカップによる対処法では解決しません。スッポンを使うことによってさらに奥に押し込んでしまう可能性があるためです。そのため、落下したものが目に見える範囲にあればビニール手袋やゴム手袋などをして手で直接取るようにしましょう。

目に見えない範囲まで落下物が移動してしまった場合は、専門の業者を呼んで対応してもらいましょう。特に硬い固形物を無理やりスッポンで吸引しようとすると便器が破損してしまう可能性もありますので要注意です。

トイレの詰まりトラブルがありましたらさが水道職人へ

万が一今回ご紹介したような目視できない位置まで固形物が入り込んでしまい詰まりトラブルを起こした場合は、すぐにさが水道職人へご連絡ください。さが水道職人は、佐賀市、伊万里市、唐津市など佐賀県全域における水まわりトラブルを24時間年中無休で受け付けしております。お盆や年末年始などの長期休暇も対応しておりますのでお気軽にお尋ねください。

佐賀のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「さが水道職人(佐賀水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

さが水道職人(佐賀水道職人) 0120-492-315

さが水道職人(佐賀水道職人) 0120-492-315