【水道局指定工事店】佐賀のトイレつまり・水漏れ修理なら「さが水道職人」 » 給湯器からの水漏れは放置厳禁!気になるポタポタ水漏れが故障のケースと心配ないケースを紹介

佐賀 地元密着、実績10万件
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

給湯器からの水漏れは放置厳禁!気になるポタポタ水漏れが故障のケースと心配ないケースを紹介

2021年03月27日 浴室のトラブル
給湯器の水漏れ
給湯器を使用する家庭が増えて、近年ではマンションなどの集合住宅はもちろん、賃貸住宅でも珍しくなくなりました。
給湯器のほとんどは屋外に設置されていて、場合によっては配管付近からポタポタと水漏れすることがあります。
普段からお湯を使うときに欠かせない給湯器だけに、故障したのか気になる方もいることでしょう。
今回は、給湯器からの水漏れについて、故障のサインとそうではないケースについて見ていきましょう。

給湯器からのポタポタ水漏れで心配なケース

給湯器からの水漏れの中には、緊急性の高い心配なケースがあります。
その際には急いで修理や交換が必要となるため、放置しないで速やかに修理業者に連絡することが大切です。
給湯器からの水漏れで心配なケースを紹介していきます。

・集合住宅なら階下漏水
マンションやアパートなどに住んでいる場合は、階下への漏水の心配があります。
こうした集合住宅では、階下の方のベランダなどに水が流れてしまうことがあり、そうなれば洗濯物などを濡らしてしまう被害が発生します。

・電気系統のショート
給湯器は基本的に電気を使用して稼働するものです。
そのため電気系統を司る部分に水が入り込むと、ショートや漏電の可能性が出てきます。
そうなれば建物全体に影響するため、特にマンションなどにお住まいの場合は注意が必要です。

・不完全燃焼による一酸化炭素中毒
給湯器はバーナーで火を付けて水を温める仕組みのため、バーナー部分に水が半端にかかってしまい、不完全燃焼などを起こす心配があります。
不完全燃焼を起こすと無味無臭の一酸化炭素が発生し、最悪の場合は部屋の周辺や室内にも貯まる可能性があります。
近年の給湯器は不完全燃焼を起こした際に、安全装置が作動して給湯器が停止するものがほとんどですが、古いモデルの場合だと一酸化炭素中毒を引き起こす可能性もあるため、大変危険です。

故障ではないケース

給湯器は水漏れではなくとも、ポタポタと水が流れることがあります。
故障かそうではないかを見極めるためにも、どの部分から水が出ているのかを確かめてみましょう。

・凍結予防のための水抜き
給湯器は真冬に気温が真冬日になることや、水道管が凍結するほど冷え込むことに備えて、凍結防止のために自動的に水抜きをする機能が備えられています。
寒い時期に故障ではない水漏れがある場合のほとんどは、凍結予防のための水抜きであると言えるでしょう。
ただ、この場合の水抜きは給湯器本体のみの水抜きで、接続されている配管部分は対象外となります。
配管の凍結を予防したい方は、古いタオルや断熱材を巻くなどの別の対処が必要です。

・減圧のための水抜き
給湯器は長期間使用しないでいると、給湯器の内部の圧が高まるものです。
再度使用したい場合は水抜き栓から水を出して減圧するため、どうしてもポタポタと水漏れしている状態となってしまいます。
このとき、長期間給湯器を使用していないことや、故障していないことを確認し、その上で水漏れしている場合は減圧のためと判断できます。

また、故障以外の水漏れの場合で水道代やガス代が極端にかかることはありません。
普段よりも大幅に水道代がかさんでいるときは故障を疑う目安にもなるため、水漏れの際は水道代がどれくらいかかっているかも見てみると良いでしょう。

故障のリスクが高いすぐに対処するべきケース

給湯器の状態で故障のリスクが高く、すぐに対処した方が良いケースには、施工不良や凍結による配管破裂などが挙げられます。
水漏れ箇所の確認とパッキンやナットの状態を確かめても水が漏れる場合は、「この場合は大丈夫だろう」と自己判断で放置せず、なるべく早めに専門業者に修理依頼をすることをおすすめします。

また施工不良は新しく給湯器を設置した際のトラブルで、給湯器の取付時の不具合といえます。
凍結による配管破裂の場合は、給湯器に接続している配管部分が破裂することが多いです。
凍結予防をしている寒冷地よりも、普段は温暖で急に大幅な冷え込みがあったときなどに破裂する恐れがあります。

給湯器での耐用年数と標準使用期間はチェックしておこう

給湯器の水漏れは、設備に関して詳しくない人にとっては不安材料そのものです。
そのため、水漏れの状態のほかに、耐用年数と標準使用期間を目安にすることもおすすめします。
法廷耐用年数は6年、標準使用期間は10年を目安に、水漏れとその他の症状を見ながら専門業者に連絡すると良いでしょう。
給湯器の水漏れが気になる、大丈夫なのか不安だという方は、いつでも水トラブルを解決してくれる、さが水道職人がおすすめです。

さが水道職人は、伊万里市・鳥栖市・佐賀市・唐津市・武雄市などを含む佐賀県全域で幅広い水のトラブルに対応する専門業者です。
トイレやキッチンなどはもちろん、近年利用者が増えている給湯器のトラブルにも対応可能です。
水漏れを疑うときはいつでもお気軽にご相談ください。

佐賀のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「さが水道職人(佐賀水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

さが水道職人(佐賀水道職人) 0120-492-315

さが水道職人(佐賀水道職人) 0120-492-315