【水道局指定工事店】佐賀のトイレつまり・水漏れ修理なら「さが水道職人」 » お風呂の蛇口から水漏れ!蛇口のタイプ別の対処法

佐賀 地元密着、実績10万件
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

お風呂の蛇口から水漏れ!蛇口のタイプ別の対処法

2021年06月17日 浴室の水漏れ


お風呂で蛇口を締めたはずが、ポタポタと水漏れの音がするといった経験はありませんか?お風呂場の蛇口は、水漏れがとても起こりやすい場所です。ポタポタという水滴だからと、処置を後回しにするのは危険です。

少しの水滴も1日中続けばかなりの水量になるため、水漏れしたご家庭は、その月の水道料金が数倍に跳ね上がってしまう可能性があります。また、ある日突然症状が悪化して、漏水や浸水などを引き起こす可能性もあります。集合住宅の方は階下に被害を及ぼしてしまうと、賠償責任も発生します。

早急な対処が必要な蛇口からの水漏れですが、水道修理業者に電話する前に、まずは冷静に水漏れの箇所を突き止めましょう。ご自身で対応可能なケースもたくさんあるのです。一口に蛇口といっても形態はさまざまなので、それぞれの形別に水漏れの対処法を解説します。

ツーハンドル混合水栓

ツーハンドル混合水栓は、蛇口の上に水が出るハンドルとお湯が出るハンドルの2つがあり、それぞれを捻ることで水温や量を調整する昔ながらの水栓です。台付きと壁付の2種類が存在しますが、水漏れの理由はほぼ同じです。

パイプの先端の吐水口やシャワーヘッドから水漏れしている場合は、ハンドルの下にあるケレップというねじ状の部品の劣化や損傷が原因です。交換の手順は簡単で、ハンドルを上からドライバーで外し、ナットをレンチで緩めスピンドルを取り外してピンセットでケレップを外して、新しいものを装着します。

壁付タイプの水栓と壁の間からの水漏れは、シールテープの緩みが原因と考えられます。水栓の取り外し専用レンチで取り外した後壁の穴の内部を掃除してから、水栓に新しいテープをしっかりと巻き付け、装着しなおしましょう。

それ以外の場所からの水漏れは、パッキンの劣化や損傷によるものであることがほとんどです。場所によってU型、三角型、丸型と形状はさまざまなので、水漏れ箇所のパッキンの形とサイズを確認してから、ホームセンターなどで購入し交換しましょう。

サーモスタット混合水栓

サーモスタット混合水栓は、一本のバーの右側に吐水口とシャワーの切り替えの開閉ハンドル、左側に温度調整ハンドルが付いているタイプです。比較的新しい住宅やマンションの浴室でしたら、ほとんどの場合がこちらの水栓です。

こちらの吐水口やシャワーヘッドから水漏れしている場合は、心臓部ともいえるカートリッジの劣化や破損が原因です。レバーハンドルを動かすとギーという異音がする際も、カートリッジの異常のサインといわれています。カートリッジは、メーカーによって作りが異なります。

交換の際は止水栓を閉めてからバルブのハンドルを外し、モンキーレンチなどでストッパーを緩め、バルブが露出したら新しいものに差し替え、同様の手順で閉めなおしてください。こちらも壁付タイプのものの水漏れの原因はシールテープであり、それ以外の場所の水漏れはパッキンの劣化やナットの緩みであることがほとんどです。

パイプ根元からの水漏れはUパッキン、クランクからの水漏れは、クランクパッキン、シャワーホースとヘッドの接続部が水漏れしている場合は円型のパッキンの劣化が原因と考えられます。また、ホースに穴が開き、そこから水漏れしているケースもまれにあります。その場合は、ホースを新しいものに交換しましょう。

シングルレバー水栓

シングルレバー水栓は、蛇口のレバーを上下左右に動かすことで、水の温度と水量を調整するタイプの水栓です。洗面所やキッチンシンクでよく見られる形状ですが、まれに浴室で使用されているケースも見られます。

こちらもサーモスタット混合水栓同様に、吐水口とハンドルからの水漏れはカートリッジに、蛇口と壁や床のすき間からの水漏れはシールテープに、それ以外はパッキンの劣化やナットの緩みに起因しています。パッキンは、10年が交換の目安とされています。水栓の製造終了から10年以上経過すると、メーカーが同型のパッキンを用意しなくなることが多いため、あらかじめ互換性のあるものをストックしておくのもいいでしょう。

浴槽の水が勝手に減る

蛇口には異常がないけれど、溜めたはずのお風呂が勝手に減っているという方も、原因は水漏れの可能性が高いです。考えらえる原因は、3つあります。

・排水栓が劣化し機能しなくなっている
ゴム栓タイプのものは、経年劣化で硬化やひび割れが起こっている可能性があります。近年多いプラスチック製のものですと、内部の部品の劣化に起因していることが多いです。

・配管の故障
給水の際に通る給湯管からの配管になんらかのトラブルがあり、排水口まで水位が減るが、それ以降は減らないのが特徴です。この場合は個人で対応するのは不可能なので、水道修理業者に連絡をしましょう。

・浴槽がひび割れ
浴槽がひび割れて、そこから水漏れが起きているケースもあります。ステンレス製でなく、FRPという繊維強化型のプラスチックでできた浴槽は、10年をめどに劣化していきます。ひび割れている場合、補修用のテープやパテで応急処置は可能ですが、なるべく早くメーカーに依頼して交換しましょう。

浴室の水漏れトラブルはさが水道職人までお電話ください

さが水道職人は、佐賀市、唐津市、鳥栖市、伊万里市など、佐賀県全般で水回りのトラブルを解決している水回りのプロです。トイレや浴室や洗面所、キッチンでのつまりをはじめ、水回りのトラブルでお困りの際には、ぜひ気軽にさが水道職人までお問い合わせください。

佐賀のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「さが水道職人(佐賀水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

さが水道職人(佐賀水道職人) 0120-492-315

さが水道職人(佐賀水道職人) 0120-492-315