【水道局指定工事店】佐賀のトイレ・台所の排水管のつまりやお風呂・水漏れ修理なら「さが水道職人」 » シンクの水漏れトラブルの原因は?水漏れの際の対処法をご紹介します

佐賀 地元密着、実績10万件
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

シンクの水漏れトラブルの原因は?水漏れの際の対処法をご紹介します

2021年09月11日 キッチンの水漏れ


シンクの下が水浸し?

キッチンの床が知らない間に水浸しになっていたら、突然の事態に焦ってしまいます。蛇口など、普段から目につく場所での水漏れトラブルはわかりやすいのですが、気が付かないうちに水漏れが進んでいたというケースも少なくありません。水漏れに気が付かずにいると床板やシンク下の収納スペースなどを傷めてしまう上、マンションやアパートなど、集合住宅の上層階にお住まいの場合は下の階に被害が出る可能性があります。

また、水漏れを放置してしまうと湿度が上がり、カビが繁殖する危険性もあります。こうした事態を避けるためにも、水漏れは早めの対処が必要なのです。今回は、キッチンのシンクから水漏れが起こる原因と対処法をご紹介します。

排水口から水が漏れる原因は?

・排水トラップに問題が生じている場合
シンク下の収納スペースを見ていただくと、シンクの真下には排水トラップを呼ばれるパーツが取り付けられています。排水口は下水道と直接つながっているため、そのままでは排水口から悪臭や害虫が室内に上がってくることがあるのです。この悪臭や害虫が侵入するのを防ぐため、排水口に水を溜めて蓋の代わりにしています。封水と呼ばれる水を溜めておく場所が、排水トラップです。

排水トラップと排水口や排水パイプの間には、ゴムパッキンが使用されています。このゴムパッキンは、時間が経つと硬くなり、ひび割れや部品同士の間に隙間が開くようになってしまいます。また、パッキンと排水管の間にゴミが挟まっている場合も隙間が開いてしまうため、その隙間から水漏れが起こるのです。パッキンが原因で水が漏れる場合、ゴミを取り除きパッキンを新しいものと交換することでトラブルが解決します。

・排水管が詰まっている場合
排水管が詰まってしまうと、溢れた水がシンクの中に逆流してしまうことがあります。キッチンの排水管は食用油や食材のカスが流れ込みやすい場所です。そのため、冷えて固まった油で排水管が狭くなりやすく、詰まりを引き起こしやすいのです。

排水管が詰まってしまった場合は、パイプクリーナーを使用することで手軽に詰まりの除去ができます。また、和協産業株式会社から発売されているピーピースルーという排水管クリーナーは、水回りの修理業者でも使用されている製品のため、高い効果が見込めます。

業務用のものは市販されていませんが、やや成分の弱いものであればホームセンターなどで購入が可能です。成分が弱いとは言え、通常のパイプクリーナーに比べても洗浄力は十分ありますし、業務用のものと違い排水管を傷めてしまうリスクは少ないため、他の製品を試したけれど詰まりが解消されないという場合はぜひお試しください。

シンクそのものが破損してしまった場合

シンクの破損が原因で水が漏れてしまうというケースがあります。一般的にシンクと言えばステンレス製の場合がほとんどです。サビに強く、頑丈なステンレスが破損するのかと疑問に思う方もいらっしゃるでしょうが、シンクに流した油や調味料、洗剤や漂白剤などによって、ステンレスは徐々に腐食していきます。

腐食したステンレスは少しの衝撃で破損してしまうことがあるため、重みのある食器を落とした場合や、包丁などの鋭利なものが勢いよく当たることで穴が開いてしまうことがあります。また、丈夫でデザイン性の良い素材として人気が出てきている人工大理石ですが、調理後の熱いフライパンを直接置いた場合や衝撃が加わることで欠けたり割れたりする場合があるのです。

シンクに穴やひび割れができてしまった場合、独立したシンクであればシンクの内側のステンレスを張り替えることができます。しかし、システムキッチンのようにシンクと天板が一枚の板で作られている場合は、シンクだけを修理ができません。この場合、天板を含めたキッチン全体の大掛かりなリフォームが必要になるケースもありますので、注意が必要です。

シンクに開いた穴は、大きさにもよりますが補修シートやパテなどを使うことで応急処置が可能です。穴が開いてしまったけれど、大掛かりな修理はすぐにはできないという場合は、応急処置で様子を見るほかありません。

シンクの劣化を防ぐには?

シンクのぬめり取りのために強力な洗剤を使うことがありますが、極端に放置時間を長くしてしまうとステンレスが腐食する原因になりますのでおやめください。また、ステンレスであっても他の素材であっても言えることですが、除菌になるからと熱湯をシンクに流すのもよくありません。

シンクだけでなく、場合によってはそこからつながる排水パイプを傷める原因にもなります。シンクにお湯を流すときは水を流しながら行うか、ある程度冷ましてから流すようにしてください。

水漏れの修理はさが水道職人へ

さが水道職人はキッチン、トイレ、お風呂場など、水回りのトラブルを解決する水道局指定工事店です。唐津市、鳥栖市、伊万里市、鹿島市、嬉野市、みやき町など、県内のさまざまなエリアにプロのスタッフが出張いたします。水漏れのほか、排水口の詰まりや蛇口の修理、排水管の交換など、水回りのトラブルはさが水道職人におまかせください。

佐賀のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「さが水道職人(佐賀水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

さが水道職人(佐賀水道職人) 0120-492-315

さが水道職人(佐賀水道職人) 0120-492-315