【水道局指定工事店】佐賀のトイレ・台所の排水管のつまりやお風呂・水漏れ修理なら「さが水道職人」 » トイレの水漏れで床が濡れていたときの修理・交換方法について

佐賀 地元密着、実績10万件
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

トイレの水漏れで床が濡れていたときの修理・交換方法について

2021年09月11日 トイレのトラブル


トイレは毎日生活するなかで必要不可欠であり、故障すると非常に困る設備でもあります。特に水漏れを起こしてしまうと、日常生活に支障をきたす上、衛生的にもよくありません。軽度の水漏れを放置していると、部品の経年劣化などによって症状が悪化し、床へのダメージが深刻になったり、マンションの場合下の階まで水が漏れてしまったりと非常に危険です。

今回はトイレの水漏れが起こる原因と対処法、修理や交換が必要なケースをご紹介します。

トイレで水漏れが起きているときはじめにしておくこと

トイレの水漏れに気づくとパニックになってしまいがちですが、まずは落ち着いて状況確認しましょう。水漏れが軽い場合は、タオルで水を拭き取ってどこから水漏れが起きているのか探します。湿度や気温の上がる夏場は便器やタンクが結露を起こしている場合もあります。不必要な修理をしなくてすむよう、水漏れの場所や原因をはっきりさせてから作業を進めてください。

また、水が漏れている音が常に続いている場合は、一旦止水栓を閉めて水を止めることも大切です。止水栓はタンクから床につながる給水管にあることが多いですが、止水栓が見当たらず水漏れが深刻な場合は、水道の元栓を閉めましょう。水漏れの場所が分からないときや程度が深刻な場合は、迷わず水道業者を呼んで見てもらうようにしてください。

トイレの水漏れがどこから起きているか確認しよう

トイレから水漏れする原因はさまざまです。まずは水漏れが起きている場所を特定し、修理やパーツの交換が必要か確認しましょう。

・止水栓、給水管
トイレから床につながっているパイプ類から水漏れが起きている場合は、止水栓や給水管のパーツのゆるみや劣化が原因であることが多いです。パイプのバイブやナットを締め直すだけで水漏れが直ることもあります。パーツ交換は他の場所に比べて難しくなく、ホームセンターなどで購入できるものがほとんどのため、交換方法を調べてご自身で交換するのも良いでしょう。パイプ類の修理をしていると水が出てくる可能性があるため、バケツやシートなどを下に敷いて行うと安心です。

・タンク付近
トイレの水を溜めるタンク上部や、レバーのふちから水が漏れている場合は、水位調節機能に関わる部位に異常が起きている可能性が高いです。タンクを開けて、中にあるボールタップと浮き球を確認しましょう。タンク内は水が溜まって浮き球が上がるとボールタップによって水が止まる仕組みになっています。

浮き球が何かに引っかかっている場合、きちんと上がるように調整します。浮き球が上がっても水が止まらない場合はボールタップの劣化が原因です。ボールタップの中にあるバルブのみを交換することもできますが、全体的に劣化している場合はボールタップ全体を交換することをおすすめします。

タンク下部からの漏水は、便器とタンクをつなげている密結パッキンの劣化が原因です。密結パッキンもホームセンターやネットショップで手に入りますが、交換にはタンクを外す必要があります。かなりの重さがあり、ヒビなどが入ってしまうと水漏れや故障の原因になるため、不安なときは業者にお願いしましょう。

・便器
便器本体から水が漏れている場合は注意が必要です。便器と床の間から水が漏れ出ている場合、トイレを流した後の排水管の劣化や故障で水漏れが起きている可能性があります。その場合は汚水が漏れており、悪臭や床を劣化させてしまう恐れがあるため、すぐに拭き取って水道業者に連絡しましょう。

便器が割れている・便器と床の設置不良などで水が漏れている場合も同様で、個人で直すことは難しいため、止水栓を閉じて水を拭き取ってから専門家に相談してください。

・結露が原因の場合
水漏れの場所が見つからないのに便器やタンクが濡れている場合、室内の温度とトイレ内の水温の差で結露が起きている可能性があります。特に気にならなければ無視しても良いですが、結露の水が垂れて床を濡らしている場合、床が腐食してしまう恐れがあるため、適度に換気してトイレ内の湿度・温度を下げるようにしましょう。

トイレの水漏れは自分で修理できる?

トイレの水漏れは、ある程度であれば自分で直すことができます。水漏れの場所を特定し、劣化・故障したパーツが分かれば、ホームセンターでパーツを購入して修理できます。パーツは似ている大きさや種類がたくさんあるため、可能であれば外してホームセンターに持っていって同じものを探しましょう。

パーツが違うと再度水漏れしてしまう可能性があるため、必ず同じパーツを買ってください。普段あまり修理や部品交換をせず、自信のない方は無理をせずに業者に頼むことをおすすめします。

水道業者に頼んだほうが良いトイレの水漏れ

便器の設置不備やひび割れ、排水管の故障のおそれがある場合や、原因不明の水漏れが止まらない場合は、水道業者に相談しましょう。トイレの修理費用は場所やパーツによって大きく変わります。簡易的な部品交換やパーツの締め直しであれば数千円程度で済むこともありますが、パイプ類の点検や洗浄、タンクや便器の取り替えが必要となるとかなり高額になることもあります。

特に部品の劣化は放置するほどひどくなり、床の腐食などの二次被害が出るため、故障が分かった段階ですぐに業者を呼んだほうが良いでしょう。最近では24時間いつでも対応してくれるところが増えたため、いつでも連絡できるよう家の分かりやすい場所に連絡先を控えておくと安心です。

トイレの水漏れが起きたらさが水道職人へお電話ください

トイレだけでなく、家の水回りにもしものことがあったとき、さが水道職人までご連絡ください。さが水道職人は佐賀市、唐津市、鳥栖市、多久市、伊万里市、武雄市、小城市など佐賀県全体で水回りのトラブルを解決しています。トイレの水漏れによるトラブルをはじめ、お風呂やキッチン、それ以外の水に関するトラブルで困ったときは、ぜひお気軽にさが水道職人までご連絡ください。

佐賀のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「さが水道職人(佐賀水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

さが水道職人(佐賀水道職人) 0120-492-315

さが水道職人(佐賀水道職人) 0120-492-315