佐賀 地元密着、実績10万件
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

洗濯機の蛇口の水漏れにかかる修理代とは?原因とともに解説

2024年06月28日 洗濯機のトラブル


日常生活において洗濯機の蛇口から水漏れが発生した場合、大きなストレスを感じてしまうでしょう。しかし、正しい応急処置の仕方や修理方法、予防方法を知っていれば、この問題をスムーズに解決できます。

この記事では、洗濯機の蛇口からの水漏れの原因や修理代の相場、さらに自分で修理する方法や信頼できる業者の選び方について詳しく解説します。洗濯機のトラブルに悩んでいる方、すぐに業者に依頼して直したい方は、ぜひ最後までご覧ください。



洗濯機から水漏れした際の修理にかかる費用の相場


洗濯機関連の水漏れの修理にかかる費用は、水漏れ発生の原因や依頼内容によって大きく変わります。以下の表は、主な修理項目とその費用相場です。


























修理内容 費用相場
蛇口からの水漏れ修理 8,000~30,000円
排水ホースからの水漏れ修理 15,000~20,000円
排水口からの水漏れ修理 10,000~50,000円
洗濯機本体からの水漏れ修理 洗濯機の製造メーカー修理になります


水漏れの原因として最も多いのは蛇口部分ですが、他にも排水ホースや排水口、場合によっては洗濯機本体そのものに問題がある可能性もあるでしょう。

蛇口からの水漏れを修理する場合は、簡単な部品を交換するだけで済む場合もありますが、蛇口本体の交換が必要になることもあるので注意が必要です。排水ホースや排水口の修理費用も、症状の程度によって変わります。

洗濯機本体からの水漏れが発生している場合は、メーカーや購入した店舗によって修理費用が異なります。保証期間内であれば、無料で修理してもらえる場合もあるため、まずは保証期間を確認しましょう。


洗濯機が水漏れした際にまずやるべきこと


洗濯機から水漏れが発生しているのを見つけたとき、迅速かつ効果的な対応が重要です。ここでは、すぐに取り組むべき対処方法を見ていきましょう。


止水栓を閉める


水漏れを発見した際の最初にすべきなのは、止水栓を閉めることです。これにより、水漏れの症状を一時的に抑えられます。止水栓の位置は洗濯機の近く、または住宅の水道メーターボックスに設置されていることが多いです。止水栓は通常、ハンドルまたはバルブ形式で、時計回りに回して閉じます。この簡単な操作だけで、プロが到着するまでの間、被害の拡大を防げます。操作が困難な場合、または止水栓の場所がわからない場合は、直ちに水道業者や管理会社に連絡を取りましょう。


水漏れ箇所を調べる


水漏れ箇所を調べることは、シンプルですが重要です。まず、止水栓を閉めた後、水浸しになった箇所をきれいに拭き取ります。その後、止水栓をわずかに開けて、水が漏れ出る場所を確認します。多くの場合、蛇口の接続部分やホースの継ぎ目が原因であることが多いです。この調査により、水漏れの原因が明らかになるため、より具体的な修理方法を決定できます。修理が自分で行える範囲かどうかを判断し、必要に応じて専門の業者に依頼しましょう。


洗濯機の蛇口から水漏れする原因


水漏れの原因は多岐にわたり、その原因によって対応方法も異なります。

ここでは、洗濯機の蛇口からの水漏れが発生する主な原因を見ていきましょう。


ニップルの劣化


ニップルは蛇口と給水ホースを繋ぐ接続部分で、その劣化やネジの緩みが水漏れの直接的な原因となることが多いです。洗濯機の振動によってネジが緩んでしまうと、水漏れが発生しやすいです。ニップルが緩むと、わずかな隙間からでも水が漏れ始め、放置すると大量の水漏れにつながる可能性があります。

また、ニップル自体の材質が経年劣化により硬化し、それが適切に密閉しなくなることも水漏れの一因です。このような場合、ニップルの再締め付けや交換が必要です。ニップルは家電量販店やホームセンターで容易に入手可能で、一般的には1,000円前後で交換できるため、早期の対処が推奨されます。


ナットのゆるみ


蛇口の接続部分やホースの継ぎ目に使用されているナットが緩むと、水が漏れ出る原因となってしまいます。このナットが緩む主な理由は、洗濯機の振動や経年による自然な緩みです。ナットが緩んでいる場合、通常、モンキーレンチを使用して締め直すことで、問題を簡単に解決できます。しかし、ナットの緩みが見つかった場合、それがただ単に締め直すだけで済む問題か、それともパッキンの劣化など他の部品の交換が必要かを判断することが重要です。

ナットの締め直しで水漏れが止まらない場合は、Uパッキンと呼ばれる部品の劣化が原因である可能性が高いため、この部品の交換が必要です。Uパッキンは消耗品であり、比較的安価で交換が可能ですが、交換作業は正確な技術を要するため、自信がない場合は専門業者に依頼しましょう。


壁との接合部分


この問題はシールテープの劣化が関係しています。シールテープは蛇口の根元に巻かれており、水の侵入を防ぐ役割を果たしています。しかし、時間が経過するにつれて、このテープは乾燥や環境因子の影響を受けて劣化し、その結果として水漏れが発生するという仕組みです。

劣化したシールテープは、十分な密封性を提供できなくなるため、水が漏れ出す原因となってしまいます。このような状況では、古いテープを取り除き、新しいものに交換することが推奨されます。これにより、蛇口と壁との間に再びしっかりとしたシールを形成し、水漏れを効果的に防ぐことが可能です。

この修理は比較的簡単に自分で行うことが可能ですが、修理の際には正しい手順を踏むことが重要です。正しくシールテープを巻くことで、長期間にわたって安全かつ効率的に水漏れを防ぐことができるでしょう。


ハンドル部分


この部分での水漏れは、主に「コマパッキン」と「三角パッキン」の劣化によるものです。これらのパッキンは、ハンドルの動きをスムーズにし、水の漏れを防ぐために重要な役割を果たしています。しかし、長期間の使用とともに、これらのパッキンは硬化やひび割れを起こし、その結果として水漏れが発生します。

水漏れが見られた場合、パッキンの交換が必要です。この交換作業は自分で行うことが可能で、必要な部品はホームセンターで容易に入手できます。具体的には、コマパッキンや三角パッキンはそれぞれ300〜500円程度で販売されています。また、スピンドルセットを使用することで、より効果的に修理することが可能です。スピンドルセットには、袋ナット、三角パッキン、座金、スピンドルが含まれており、これらをまとめて交換することで、よりコストパフォーマンス良く対応できます。


給水ホースの取り付け部分


この部分で起こる水漏れの主な原因は、留め具の劣化や給水ホース自体の破損です。留め具やホースが時間とともに劣化し、使用中の水圧に耐えられなくなることがあります。これが原因で、蛇口とホースの接続部分から水が漏れ出します。

水漏れに気づいた場合、給水ホースの交換が必要です。この作業は自分で行うことができ、適切な長さとタイプのホースを選びましょう。市場にはさまざまな種類のホースがありますが、汎用性の高い製品を選ぶことで、ほとんどの洗濯機に適合します。

交換に適したホースを選ぶ際には、信頼性の高いブランドの製品を選ぶことをおすすめします。たとえば、水回りの部品を専門に扱うメーカーの製品は、品質が保証されており、広く流通しているため、購入も容易です。これにより、再び安全で効果的に洗濯機を使用することが可能です。


洗濯機の蛇口を自力で修理する方法


洗濯機の蛇口からの水漏れは、意外と自分で修理可能なケースが多いです。適切な工具と基本的な手順を知っていれば、専門業者に依頼する前に自力で問題を解決できるかもしれません。ここでは、さまざまなケースの修理方法を見ていきましょう。


ハンドルからの水漏れ


洗濯機の蛇口がハンドル部分から水漏れしている場合、大半は内部の三角パッキンの劣化によるものです。これを修理するには、まずレンチやスパナを使ってナットを緩め、ハンドルを取り外す必要があります。次に、古いパッキンを取り出し、新しいものと交換します。作業が完了したら、ハンドルを元の位置に戻し、ナットをしっかりと締め直しましょう。

この手順に従えば簡単に自力で修理が可能ですが、不安な場合は専門業者に依頼することをおすすめします。


パイプの根元からの水漏れ


洗濯機の蛇口がパイプの根本部分から水漏れする場合、接合部のパッキンが原因であることが多いです。この問題を解決するためには、まずレンチやスパナを用いて、スパウト部分のナットを緩めます。ナットを外した後、古いパッキンを取り出し、新しいパッキンに交換する必要があります。パッキンを設置する際には向きを正確に合わせることが重要です。全ての作業が完了したら、スパウトを元に戻し、ナットを再度しっかりと締めることで、水漏れを防ぐことができます。

これらの手順を踏めば、専門業者に依頼することなく自分で修理することが可能ですが、作業に自信がない場合はプロに相談しましょう。


給水ホースとの接続部分からの水漏れ


洗濯機の蛇口と給水ホースの接続部分から水漏れが発生する場合、その多くはニップルの不具合や給水ホースの接続不良によるものです。この問題を解決するためには、まずニップルのネジを緩めて位置を調整し、再度均等に締め直すことが効果的です。

この作業で水漏れが止まらない場合は、ニップル自体が損傷している可能性が高いため、新しいニップルに交換する必要があります。ニップルの交換は、蛇口から古いニップルを取り外し、新しいものを取り付ける比較的簡単な作業です。


蛇口と壁のあいだからの水漏れ


洗濯機の蛇口と壁の間で水漏れが発生した場合、最も一般的な原因はシールテープの老朽化です。自力で修理を試みる際は、まず水栓レンチを使用して蛇口本体を壁から取り外します。次に、古いシールテープを剥がし、付着している汚れやゴミを丁寧に清掃しましょう。新しいシールテープを水栓金具のネジ部分に時計回りにしっかりと巻きつけ、その後蛇口を元の位置に固定します。

これらの手順を踏むことで、水漏れの問題を根本から解決できるはずです。しかし、不安な場合やうまくいかない時は、すぐに専門の修理業者に連絡することが賢明です。


洗濯機の蛇口からの水漏れを防ぐ予防策


洗濯機の蛇口からの水漏れは、不意に起こりえる問題であり、しばしば深刻な被害を招くことがあります。しかし、いくつかの簄大な予防措置を講じることで、このようなトラブルを事前に防ぐことが可能です。

ここでは、実践的な予防策を紹介しますので、日常生活に取り入れて、いつも洗濯機が最良の状態で機能するよう心がけましょう。


使用時以外は蛇口を閉めておく


洗濯が終わった後、蛇口を確実に閉めることは、水漏れを防ぐための最も簡単ながら効果的な方法です。洗濯機が設置されている場所が日常生活の行動範囲外である場合、小さな漏れも見過ごされがちです。

水漏れは、時間とともに進行し、気づいたときには床や壁に甚大な被害をもたらす可能性があります。蛇口を閉める習慣をつけることで、予期せぬ水漏れによるトラブルを効果的に防ぐことができるのです。


洗濯物を入れ過ぎない


洗濯機の容量を超えて洗濯物を入れると、機械に過剰なストレスがかかります。適切な量を超える洗濯物は、洗濯機の動作に負担を加え、蛇口や給水ホースの接続部分に異常な圧力を発生させることがあります。この結果、水漏れの原因となることが少なくありません。

洗濯物は洗濯機のキャパシティの7割から8割程度に留め、洗濯機の指示に従って使用することが重要です。これにより、機械の寿命を延ばし、頻繁な修理の必要性を減らすことができます。


定期的にメンテナンスを行う


洗濯機の長期間にわたる性能維持と故障予防のためには、定期的なメンテナンスが不可欠です。具体的には、月に1度の清掃と点検をおすすめします。この際、給水ホースや蛇口の接続部分のネジやナットに緩みがないかを確認し、必要に応じて締め直すことが重要です。

また、洗濯槽内のカビや汚れも徹底的に掃除することで、水漏れの原因となる部品の劣化を防ぎます。


優良な水漏れ修理業者の選び方


水漏れの修理を依頼する際、信頼できる業者を選ぶことは重要です。適切な業者選びは、問題を迅速かつ効果的に解決するために欠かせません。

以下に、信頼できる水漏れ修理業者を見極めるための基準をいくつか紹介します。


水道局指定工事店を選ぶ


水道局指定工事店を選択することは、洗濯機の蛇口修理などの水回りのトラブルに対処する際に、信頼性と安心を得るために大切です。これらの業者は、自治体の水道局によって認定されており、一定の基準と資格を満たしていることが保証されています。業者選びで失敗しないためには、公式の一覧や企業のウェブサイトで、その業者が水道局指定工事店であるかどうかを確認しましょう。しかし、全ての指定業者が同等のサービスを提供しているわけではないため、複数の業者を比較検討し、口コミや評判も参考にすることが望ましいです。


作業前に見積もりを提示してくれる業者を選ぶ


洗濯機の蛇口修理を行う際には、作業開始前に正確な見積もりを提供する業者を選択しましょう。信頼できる業者は、修理内容や必要な部品、それに伴う費用を明確に説明し、顧客の同意を得た上で作業に取り掛かります。この透明性は、予期せぬ追加料金や不当な請求を避けるために不可欠です。

見積もりは、修理の範囲と予算計画を理解するのに役立ちます。したがって、見積もりをしっかりと提示する業者を選ぶことで、安心して修理を任せることができるでしょう。


費用が相場内に収まっている業者を選ぶ


洗濯機の蛇口修理に関して、適正な費用を提供する業者を選択することは大切なことです。修理業者の選定時には、サービスの質と費用のバランスを見極める必要があります。

相場よりも著しく低い見積もりを提示する業者は、使用する材料の質が低がり、必要な手順を省略する可能性があるため注意が必要です。一方で、過度に高い費用を請求する業者もまた、不当な価格設定である可能性があります。したがって、複数の業者から見積もりを取り、それぞれの内容を比較検討することで、合理的な価格で質の高いサービスを提供している業者を見つけられます。この方法により、費用効果の高い修理を実現することが可能です。


たしかな施工実績がある業者を選ぶ


水漏れの修理を依頼する際、業者の施工実績は信頼性の重要な指標です。実績豊富な業者は、多岐にわたる状況に対応した経験があり、予期せぬ問題にも迅速に対処できる能力を持っています。

業者選びで重要なのは、その業者がどの程度の期間、この業界で活動しているか、そして過去の成功事例をどれだけ持っているかです。公式サイトやパンフレットで具体的な施工例が紹介されている業者は、技術力と経験を証明するものと言えるでしょう。


対応が丁寧な業者を選ぶ


水漏れといった緊急のトラブルに対応する際、業者の対応の丁寧さは重要です。修理業者を選ぶ際には、初回の問い合わせからどのように対応されるかを注意深く観察することが大切です。迅速かつ親切に対応してくれる業者は、施工の品質にも同じ配慮を期待できるでしょう。

また、事前に詳細な説明と正確な見積もりを提供する姿勢も、信頼できる業者の特徴です。適切な情報提供と丁寧なコミュニケーションを心がける業者は、作業の質も高いと評価できます。


洗濯機の蛇口水漏れ修理は内容次第で大きく変わる


いかがだったでしょうか。洗濯機の蛇口からの水漏れは、多くの家庭で発生し得るトラブルです。適切な修理代を把握し、迅速に対応するためには、まず原因を特定し、適切な予防策を講じることが重要です。定期的なメンテナンスと、信頼できる修理業者の選定が、トラブルの早期解決と費用の抑制につながります。水道局指定工事店であり、事前に詳細な見積もりを提示する業者を選ぶことで、安心して修理を依頼できます。この記事のポイントを参考に、適切な対処を行いましょう。


さが水道職人では、水道局指定店として洗濯機をはじめとする水回りに関するさまざまなトラブルに対応しています。24時間受付365日ご訪問を行っているので、トラブルが起きてしまって今すぐ相談したい場合もお気軽にご連絡ください。



監修者

監修者の写真

主任

髙城 俊介

《略歴》

水回りのトラブル対応を年間700件ほど行っている水回りトラブル解決のエキスパートです。
水回りの緊急メンテナンス業界で7年業務に従事し様々なトラブルの対応を行っており、お客様からの信頼厚く会社随一のリピート率を誇る。
佐賀県で水回りのトラブルにお困りまでしたらさが水道職人にお任せください。

佐賀のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「さが水道職人(佐賀水道職人)」

公式LINEアカウント始めました!お友だち募集中
お電話一本ですぐに駆けつけます!

さが水道職人(佐賀水道職人) 0120-492-315