【水道局指定工事店】佐賀のトイレつまり・水漏れ修理なら「さが水道職人」 » トイレ・浴室のお悩みはDIYで解決できることが多いです

佐賀 地元密着、実績10万件
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

トイレ・浴室のお悩みはDIYで解決できることが多いです

2021年05月04日 新型コロナウイルス


感染源と感染経路をブロックしよう

COVID-19は感染症なので、発生源と経路を把握しておけば予防できます。たとえば家庭の共用設備であるトイレは、手の触れるところをアルコール消毒しておきましょう。トイレは他の場所より感染率が高く、これは手の触れる場所に新型コロナウイルスが留まっている可能性があること、排泄物にウイルスが含まれているケースがあることです。

私たちは想像以上にさまざまな場所に触れています。たとえば水飴がついてベトベトした手で取っ手に触れると、取っ手もベトベトになってしまうでしょう。そしてその取っ手を別の人が触れれば、その人の手にも水飴が付着します。新型コロナウイルスに関しても、同じように広がっていくわけです。よく触れる場所は表面活性剤で拭き掃除をする、またはアルコールで消毒するなどの方法でウイルスを死滅させてください。

どのような場所でも換気は必要です

トイレで換気をするべき理由は、排泄物の悪臭を逃がすためだと思うかもしれません。確かにこれも一つの理由ですが、新型コロナを逃がすという意味もあるのです。トイレや浴室は狭く密閉されているので、ウイルスが浮遊しやすく、また逃げにくい性質があります。

換気をまったくしないと、エアロゾル感染するリスクを高めるわけです。もちろん室内にウイルスが存在しなければ、換気の必要性は低いですが、ウイルスが存在するかどうかは判断ができません、なぜならウイルスは色がついて目に見えるわけではないからです。それゆえウイルスが存在するかもしれないと認識しておくことが予防対策のきっかけになるのです。

エアロゾル感染を防ぐためには、定期的に窓をすべて開けるようにしましょう。窓が数か所ある場合はすべて開閉してください。留守にするときに窓を開けるのは防犯上よくありませんが、このときは換気扇で換気するなど対策します。どうしても換気ができない状態にあるなら、空気中にアルコールスプレーを噴射するだけでも一定の効果があります。

特に注意するべき時期とは?

風邪やインフルエンザが流行する時期は、新型コロナのリスクも高くなると予測されます。家庭内で常時手袋をする状況はまずないでしょうが、公衆トイレを使用するときは抗菌手袋が役立つでしょう。折り畳み式も登場しており、必要な場所に限定して使用する方法が人気です。

軍手を着用していればドアノブや排水レバー、便器のフタなどに素手で触れる心配はありませんが、軍手で顔を触れてしまう可能性はあります。人は顔に触れる癖を持っており、これは無意識の行動なので完全に防ぐことはできません。だからこそウイルスに触れないように意識するだけでなく、ウイルス自体を死滅させておく必要があるのです。

家庭内のトイレでマスクは着用するべき?

徹底した新型コロナ対策をするのであれば、家庭内でも常時マスクを着用するのがベストです。トイレはもちろんのこと、茶の間や自室にいるときもです。マスクを着用したり外したりすると面倒なので、一日中着用するように徹底します。マスク着用を日常のルーティーンにしてしまえば、面倒に感じなくなるでしょう。

ウイルスの付着している場所に触れなくても、空気中にウイルスが浮遊していれば吸い込んでしまいます。エアロゾル感染のリスクはゼロではありませんので、できれば外出時だけでなく家庭内においてもマスクを使用したいところです。

トイレに手洗い器を設置するメリット

トイレから出たあとは手洗いするのが基本ですが、うっかり忘れてしまう人は少なくありません。用便後に排水レバーで水を流したとき、汚水や下痢が空気中に飛んでしまう可能性があります。便器のフタをすれば大丈夫ですが、フタをせずに流してしまうのが習慣化している人は要注意です。トイレに専用の手洗い器を設置しておけば、手洗いを忘れることを防げます。石鹸をつけてから水道水で洗い流せば、ほとんどのウイルスを落とせるでしょう。

うがいはこまめに行いましょう

外から帰ってきたときは、うがいをするのが基本です。これは風邪やインフルエンザの予防対策として役立ちますが、新型コロナウイルスが蔓延している現在ではさらに重要性が高いです。

冷水でうがいをすると歯が沁みることがあるので、適温に調整してください。うがいは喉を洗浄するのが目的であり、喉粘膜に付着しているウイルスを落とせます。歯磨きの代用として口内をゆすぐ対策が推奨されていますが、ゆすぐ場合はあくまでも口内の洗浄が対象です。ゆすぐことも新型コロナウイルス感染予防に役立ちますが、大切なのは口内ではなく喉を洗浄することです。

さが水道職人ではスタッフの新型コロナウイルス対策には万全を期しておりますので、安心して水漏れ・詰まりのトラブルのご相談をいただけます。出張対応エリアは佐賀市、唐津市、鳥栖市、伊万里市などの佐賀県全域になります。迅速な解決をモットーにし、トイレや浴室、キッチン、洗面所の問題を解決しています。WEBや電話から気軽にお問い合わせができますので、困ったときはぜひさが水道職人をご利用ください。

佐賀のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「さが水道職人(佐賀水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

さが水道職人(佐賀水道職人) 0120-492-315

さが水道職人(佐賀水道職人) 0120-492-315