【水道局指定工事店】佐賀のトイレつまり・水漏れ修理なら「さが水道職人」 » COVID-19対策が家庭内でも必須な理由

佐賀 地元密着、実績10万件
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

COVID-19対策が家庭内でも必須な理由

2021年06月04日 新型コロナウイルス


家庭内だからこそCOVID-19対策が必要です

三密を避ければCOVID-19に感染する確率は低いですが、決してゼロではありません。体調が優れなかったり、運が悪かったりすれば感染するのです。だからこそ三密ではない場所でも、対策を徹底する必要があります。

たとえば家庭内のトイレや浴室などは、三密にはならないでしょう。浴室に関しては大勢で入浴すれば三密になりますが、一人ずつ入浴すれば問題ないです。こうした三密ではない空間であっても、密室だと高リスクになります。

新型コロナのことばかり考えて暮らすのは疲れますが、考えすぎないのも問題があるわけです。正しく新型コロナを理解し、適度な緊張感を持って対策していきましょう。

新型コロナの接触感染を防ぐために

経口により体内に新型コロナウイルスが、侵入する可能性があります。新型コロナ陽性になると、排泄物にもウイルスが含まれている状態です。何気なく毎日使用しているトイレが、感染源になるケースがあるわけです。

排泄物に触れている気がなくても、実は触れているケースがあります。おしりをトイレットペーパーで拭くとき、おしりと手が接触する可能性はあるのです。そうして排泄物がついた手で排水レバーやドアノブに触れると、そこにもウイルスを広げてしまいます。

私たちは日常生活において、さまざまな場所に触れているでしょう。手の触れる場所はウイルスが、いるかもしれないわけです。だからこそトイレや浴室の掃除、室内の日常清掃などが必要になります。COVID-19が流行している時代だからこそ、今までより掃除を徹底してください。

重点的に清掃したいところ

1週間に1回はトイレ全体の清掃をしておきましょう。汚れは着実に蓄積し、落ちにくい状態になっていきます。あまり汚れていないように見えて、実は雑菌だらけという状況は多々あるのです。もし雑菌ではなく大量のCOVID-19が存在するとしたら危険です。

トイレ掃除をするとウイルスと接触する可能性があるので危険と考える人がいますが、掃除をしないほうがリスクは高くなります。便器を表面活性剤で洗う、フタをアルコール消毒するなどの処置をしないと、ウイルスがずっと存在することになるでしょう。

掃除をより楽にさせるためには、毎日の簡易清掃をおすすめします。除菌シートで気になる部分をサッとひと拭きするだけでいいのです。掃除はこまめに行ったほうが、労力を抑えられます。

手の触れやすい部分にはドアノブもあり、特に回し玉だと手のひらでつかんで開閉するのでウイルスがつきやすいです。レバータイプだと手の甲で開閉できるなど都合がよいです。

下痢に注意したい理由とは

新型コロナの諸症状の一つに下痢があります。下痢は尿ほどではありませんが、はねる性質があります。排便のときにおしりにはね返ることがあるでしょう。温水洗浄便座を使用したときも同じような状態になります。排泄物のついたおしりにシャワーを当てるので、飛んでしまうのは当たり前なのです。

こうした理由から便器内の汚水には、菌やウイルスが潜んでいます。見た目は透明できれいな水に見えていても、実際は菌やウイルスが大量に存在するかもしれません。衛生的にトイレを使用するためには、使用のたびに流すようにしてください。節水目的で流す回数を減らすのは、感染症予防の点からは好ましくないです。

手洗いをしないとどうなる?

COVID-19は72時間ほども生存するため、手洗いをしないとウイルスが感染力を持った状態で生き残ることになります。こまめに手洗いをしておけば、その都度ウイルスをリセットできるのです。石鹼をつけて手洗いすれば、より効率的に除去できるでしょう。外から帰ってきたときは、水道水でうがいをしておくのがおすすめです。市販のうがい薬を使用すると、より効果的な感染予防が期待できます。

家庭内でマスクをするべき場面とは?

家庭内でマスク着用はいらないという声が多いです。マスクを着用していると、口まわりが蒸れるという人が少なくありません。皮脂が奪われることで乾燥しやすくなり、炎症やかゆみを感じる人もいます。

必要でなければマスク着用は避けたいでしょうが、家庭内に新型コロナ陽性を疑われる人がいる場合は、家族全員でマスクを着用したいです。風邪やインフルエンザかもしれませんが、もしかしたら新型コロナの可能性もあるでしょう。家庭内感染は実際に多発していますから、自分の家庭は大丈夫だと思わないことが大切です。

家庭内での手袋の着用については特に必要ありません。こまめに手洗いをしておけば問題ないからです。ただしトイレ掃除をするときは、ゴム手袋を必ず着用してください。

佐賀市、唐津市、鳥栖市、伊万里市などの佐賀県全域で水トラブルにお困りなら、さが水道職人にご相談ください。丁寧な接客対応、適正な見積もり、素早い作業をモットーにしています。トイレの詰まり・水漏れのほか、浴室や台所、洗面所のトラブルにも対応可能です。豊富な修理実績がありますので、安心しておまかせいただけます。

佐賀のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「さが水道職人(佐賀水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

さが水道職人(佐賀水道職人) 0120-492-315

さが水道職人(佐賀水道職人) 0120-492-315