【水道局指定工事店】佐賀のトイレつまり・水漏れ修理なら「さが水道職人」 » マンションの場合には二次被害が大きくなりやすい

佐賀 地元密着、実績10万件
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

マンションの場合には二次被害が大きくなりやすい

2021年06月11日 水漏れのトラブル


マンションやアパートなど、集合住宅で床の水漏れが発生すると、一軒家よりも二次被害が大きくなりやすいので注意が必要です。被害が大きくなる前に床の水漏れがどこから発生しているのかを把握し、早急に対処しなければいけません。発生源を突き止めたらすぐに業者へ連絡をしましょう。

床の水漏れは排水管か蛇口を疑う

知らない間に床が濡れていた場合、どこから水が漏れているのか特定しにくい場合があります。そんなときには排水管か蛇口から水漏れをしている可能性が高いので、まずはこの2箇所を疑ってみましょう。

排水管から水漏れをしている場合、排水管が経年劣化によって破損している場合や、ゴミなどが詰まってあふれ出てきている可能性が考えられます。蛇口から水漏れが発生している場合には、パッキンが劣化していることが多いのですが、蛇口自体が劣化している場合や、パーツが劣化していることもあるでしょう。まずはどこから水が流れてきているのかを把握し、早急に床を拭いて二次被害を防がなければいけません。

水漏れをしている箇所が特定できたら、業者にどこから水が漏れているのかを知らせて、すぐに修理をしてもらいましょう。ただし、パッキンの交換やナットの緩みが原因である場合には、自分で修理を行うことも可能です。

自分で修理をするときは止水栓を閉めて水の流れを止めてから作業を行います。自信がない場合には無理に自分で行う必要はないので、業者にお願いしましょう。原因や水漏れ箇所が特定できない場合には、どこに水が貯まっていたのかを報告し、場所が特定できないことも伝えておくべきです。

起こる可能性が高い二次被害

床の水漏れは二次被害を起こしやすいので、早急に対処しなければいけません。もし放置すると、いろいろな二次被害が発生してしまいますが、どのような被害が出る可能性があるのか見ていきましょう。

・床が劣化する
水漏れで床が濡れているのにそのままにしておくと、床が劣化してしまいます。しかも家の中の湿度が急激に高くなりますし、その被害は床だけに留まりません。劣化はどんどん広がっていくので、ちょっとした水漏れであっても放置するべきではないでしょう。特にマンションやアパートなどの集合住宅に住んでいる場合には、下層階にも被害が及び、賠償責任が生じることもあります。

・カビが発生する
床の水漏れを放置すると、家全体の湿度が急激に上がることにより、カビが発生しやすくなります。カビは有機物を無機物にしてしまう働きがあるので、カビが生えるとどんどんその場所が劣化していき、家全体がもろくなるのです。そうすれば家の質が落ちるだけではなく、いつかは人が住めない状態になるでしょう。

・家具も被害を受ける
床の水が家具に触れてしまった場合、家具もどんどん劣化が進みますし、カビが生えやすくなるでしょう。特に木で作られている家具は、水を含むとすぐにカビが生えてしまいます。カビが蔓延すると変な臭いがしますし、家具も脆くなって使い物にならなくなります。カビが住みやすい環境には、白アリが発生することもあるのですが、シロアリは木を食料にしているので、住み着かれるとあっという間にボロボロにされてしまうでしょう。

・健康被害が出る
カビは胞子を蔓延させるのですが、カビの胞子は喘息やアレルギーの原因になります。カビが広がると対処するのが難しくなるので、当然カビを除去するのにも多額の費用が必要になるでしょう。健康被害が出れば病院で診察を受けることになるので、医療費もかかってしまいます。

・漏電の可能性もある
最近は電化製品が多いので、コードに水がかかってしまうと、漏電する危険性もあります。漏電が原因で火事になることもあるので、被害が大きくなる前に対処しないといけません。

水漏れ対策で二次被害の可能性を減らす

一軒家でも水漏れによる被害はかなり出ますが、マンションやアパートなどではさらに大きな被害が出る可能性が高いのです。そのため、床の水漏れが発生したときの対策を知ることも大切ですが、水漏れが発生しないための対策も必要不可欠になります。では、どのような対策ができるのかというと、排水管にゴミが蓄積しないようにすることです。

排水管のゴミは水の流れをせき止めてしまうだけではなく、排水管の劣化を早めてしまいます。このような被害を出さないように、できる限りゴミを排水管に流さないようにするとともに、定期的な掃除を心掛けましょう。

排水管に亀裂や穴を発見したときは、水が漏れていなくてもしっかりと修理をしておくべきです。修理の方法はシーリング材を使って自分で行う方法もありますが、排水管が古くなっている場合には、業者に交換してもらった方がよいでしょう。

給排水管のトラブルもお任せ

さが水道職人では、給排水管のトラブルにも対応が可能です。唐津市や伊万里市、鳥栖市といった人口の多い地域だけではなく、佐賀県ならどこにでも出張できます。給排水管のトラブルは被害が大きくなりやすいので、すぐに連絡をしてもらうことで、被害を小さくすることができるのです。

佐賀のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「さが水道職人(佐賀水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

さが水道職人(佐賀水道職人) 0120-492-315

さが水道職人(佐賀水道職人) 0120-492-315