【水道局指定工事店】佐賀のトイレ・台所の排水管のつまりやお風呂・水漏れ修理なら「さが水道職人」 » トイレタンクの水漏れが止まらない

佐賀 地元密着、実績10万件
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

トイレタンクの水漏れが止まらない

2021年09月17日 トイレのトラブル


トイレタンクから水が漏れていて止めることができない場合、どのように対処するべきなのかを知っておくと、いざというときでも慌てずに済みます。トイレタンクから水漏れしていた場合、まずは原因を確認してから対処しなければいけません。原因がわかれば、どのように対処するのかもわかるでしょう。

タンクのフタを開けて原因を確認する

便器にチョロチョロと水が漏れてくる場合には、トイレタンクの中に使用されている部品に異常がある可能性があります。そこでタンクのフタを開け、原因を確認していきましょう。

・タンクの水位が低い場合
タンクのフタを開けて最初に確認するべきことは、タンクの内部の水位を見ることです。水位の見方は、タンクの内部に設置されているオーバーフロー管を確認してください。もし水位が低くなっていた場合には、フロートバルブが原因である可能性が高いです。

フロートバルブというのは、タンクから便器に水を流すとき、勝手に水が流れないようにフタをする役目があります。レバーをひねると鎖が持ち上げられることで、ゴム栓も持ち上げられて水が一気に流れ出すという仕組みになっているのです。

ゴム栓で水をしっかり止めておけない状態になっていると、チョロチョロと水が便器へ流れ出してしまうでしょう。ゴム栓が劣化していることで、きちんと栓ができない状態になっている可能性もありますが、他にもゴム栓にゴミが付着していて、うまく栓ができなくなっていることもあるので、あわせてチェックします。

また、鎖が変なところに引っかかっていないかも確認しておきましょう。うまく栓ができていない場合には、フロートバルブの劣化で水漏れをしているので、フロートバルブ事態を交換しなければいけません。

・タンクの水位が高い場合
タンクのフタを開けて水位を確認したときに、水位が高くなっていた場合は、ボールタップの不具合が原因だと考えられます。ボールタップはタンク内の水位を調整するために設置されている部品です。浮き球が上下することで水位を調整しているので、水位が異常な状態なのであれば、ボールタップを交換する必要があります。ボールタップを単品で交換することも可能ですが、古くなっている場合には本体と一緒に交換した方がよいでしょう。

タンク内部の部品の交換方法

トイレタンクの内部にある部品を交換する場合には、業者に任せてもよいのですが、自分で行うことも可能です。そこで自分で交換をする場合、どのような手順で行うのかを説明していきます。

・フロートバルブを交換
タンクの内部にある部品を交換するときには、まず止水栓を締めてからタンク内の水を全て抜きます。水を抜いたらフロートバルブの鎖に取り付けられているフックを外し、ゴム栓を持ち上げます。そうすると交換が可能になるのですが、重要なのが鎖の長さです。取り付けられていた鎖と同じ長さになるように調整し、ゴム栓をセットしたら鎖のフックを引っ掛けましょう。後は止水栓を開けてタンク内に水を入れて、漏れていないことを確認したら終了です。

・ボールタップを交換
ボールタップを交換するときも、最初は止水栓を締めてからタンク内の水を抜きます。それからボールタップを固定してあるナットを取り外しましょう。ナットを取り外すとボールタップが引き抜けるようになります。引き抜いたら新しいボールタップに交換し、ナットを取り付けてきちんと固定できたのが確認できたら止水栓を開けます。水位が正常になっていれば問題はありません。

トイレタンクにひびが入っていた場合

トイレタンク本体が濡れている場合や、タンクの下が水浸しになっていた場合、タンク自体にひびが入っている可能性があります。まずはよく確認をしてみましょう。なぜなら結露が発生しているだけという可能性もあるからです。

もしひびが入っていて、そこから水が漏れているのであれば、トイレタンク自体を交換しなければいけません。なぜひびが入るのかというと、主な原因はトイレタンク自体の劣化か、強い衝撃を加えたときにひびが入ったかのどちらかでしょう。強い衝撃とは言ってもいろいろありますが、トイレでふらついてぶつけてしまうこともあるでしょうし、掃除中に誤ってぶつけてしまうこともあります。もしくは強い地震による衝撃で割れてしまうことも考えられます。

トイレタンクのひび割れは、一時的に応急処置をすることは可能です。しかし、あくまで応急処置に過ぎないので、もしひびが入ってしまったのであれば、早急にトイレタンクの交換をするべきです。タンクと便器が個別に設置されているタイプなら、タンクだけでも交換することができます。

原因不明の水漏れでも大丈夫

水漏れが発生した場合には、原因が特定できる場合もありますが、一般の人では特定するのが難しい場合もあります。原因が不明であっても、さが水道職人であれば対応可能です。こちらでしっかりと原因を究明し、適切に修理を行います。出張できる範囲も佐賀市や鳥栖市、伊万里市、神埼市、鹿島市、嬉野市など佐賀県の大部分をカバーしているので、安心して連絡をしてください。

佐賀のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「さが水道職人(佐賀水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

さが水道職人(佐賀水道職人) 0120-492-315

さが水道職人(佐賀水道職人) 0120-492-315