【水道局指定工事店】佐賀のトイレ・台所の排水管のつまりやお風呂・水漏れ修理なら「さが水道職人」 » 便器のヒビが原因で起こる水漏れの対処方法

佐賀 地元密着、実績10万件
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

便器のヒビが原因で起こる水漏れの対処方法

2021年09月17日 トイレのトラブル


便器から水が漏れてしまうトラブルを経験したことはありませんか?便器から水が漏れる理由は大きく分けると2つあります。それは便器と床の間から水が漏れてしまうことと、ヒビが入ったことによって水が漏れてしまう場合です。もしこのような状況になった場合、どのように対処すればよいのかを確認しておきましょう。

便器と床の間から水が漏れる理由

便器と床の間から水が漏れてしまうこともあるのですが、なぜこのようなトラブルが発生するのでしょうか。考えられるのは、初期不良や床下に埋め込まれている排水管の劣化です。新築なのに便器と床の間から水が漏れていたら、初期不良の可能性が高いでしょう。どこの業者が作業をしたのかを調べ、水が漏れていることを報告しておきましょう。初期不良であれば無償で直してくれるのが一般的です。

では、築年数がかなり経過していて、便器の交換も全く行っていない場合はどうなのかというと、今まで便器と床の間から水が漏れてしまうことがなかったのであれば、初期不良ではありません。

おそらく便器と繋がっている排水管のトラブルによって、水漏れが発生している可能性が高いです。排水管も時間の経過とともに劣化していくので、古くなっている場合には水漏れが起こることもあります。しかし、排水管は床の下に埋められているので、詳しく原因を調べることもできませんし、修理をするのも難しいでしょう。

そのため、便器と床の間から水漏れが確認された場合には、業者に依頼をして修理をしてもらうようになります。ただし、排水管の交換などが必要になる可能性があるので、水道局指定の工事業者に依頼をした方がよいでしょう。水道局指定の工事業者でないと、行えない作業があるからです。

便器のヒビが原因で水漏れをしているときの対処法

もし便器から直接水漏れをしているのであれば、便器のどこかにヒビが入っている可能性があります。まずはどこから水が漏れているのかを確かめましょう。便器は丈夫な陶器でできていますし、かなり分厚く作られているので、そう簡単にヒビが入ったり、割れたりすることはありません。

しかし、古くなっている状態で強い衝撃を加えた場合や、冷たくなっている状態で熱いお湯をかけた場合には、割れてしまうことも十分考えられるでしょう。掃除をするときに熱湯をかけたことがある場合や、強い衝撃を加えた覚えがある場合、強い地震が発生した場合などは、便器のヒビが原因で水漏れしていることもあるのです。

防水パテやコーキングで修理する方法もあるのですが、割れている箇所が大きい場合や、購入してからかなり時間が経過しているときには、無理に修理をしないで交換した方がよいでしょう。防水パテやコーキングで修理を行ったとしても、またすぐに水漏れが発生する可能性があるからです。あくまで防水パテやコーキングでの修理は応急処置なので、交換をした方が確実に長持ちします。

水漏れではなく結露の可能性もある

便器から水漏れをしていると思った場合、最初に行うべきなのは、どこから水漏れをしているのかを探すことです。しかし、いくら探しても全く水漏れをしている箇所が特定できない、でも便器は濡れているという経験をした人もいるかもしれません。このような場合には、水漏れが原因で便器が濡れているわけではない可能性があります。水漏れをしていないのになぜ便器が濡れているのかというと、結露が発生しているからです。

結露は表面と裏面の温度差が大きくなり、しかも湿度が高い状態であれば発生します。便器には常に水が貯められているのですが、これは封水と言って、下水道からの臭いを防ぐ働きや、害虫の侵入を防ぐ役割があります。もし封水がきちんとできていないと、下水の臭いがトイレに充満することや、ハエや蚊などの害虫がどんどん入ってくることになります。そのため、便器の内側は水で冷やされている状態です。

この状態で便器の外側の温度が急激に上がると、便器に結露が発生して便器や床が濡れてしまうことがあります。水が常に貯まっている便器の周辺は湿度も高いので、結露が発生する条件は揃っています。よって水漏れしている箇所が発見できなかった場合には、まず便器の表面と濡れている床を拭いて水気を取り、しばらく放置してみましょう。

トイレの中が多湿になっていると結露が発生しやすくなるので、換気扇を回して乾燥させておくと結露が発生しにくくなります。再び確認したときに床が濡れている場合には、水漏れをしている可能性が高いですが、床が濡れていなければ結露だと思って間違いありません。

トイレの修理依頼はお早めに

さが水道職人では、トイレの修理にも対応しています。トイレは1日に何回も使用するので、使えないとかなり不便な状態を強いられます。このような事態にならないためにも、トイレで水のトラブルが発生したら、すぐに連絡をしてもらいたいと思います。出張エリアも佐賀市や伊万里市、唐津市、小城市、神埼市、鹿島市など、佐賀県の広範囲をカバーしています。

佐賀のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「さが水道職人(佐賀水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

さが水道職人(佐賀水道職人) 0120-492-315

さが水道職人(佐賀水道職人) 0120-492-315