【水道局指定工事店】佐賀のトイレ・台所の排水管のつまりやお風呂・水漏れ修理なら「さが水道職人」 » 発生箇所ごとに見るトイレの水漏れ対策

佐賀 地元密着、実績10万件
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

発生箇所ごとに見るトイレの水漏れ対策

2021年10月09日 トイレのトラブル


トイレの水はどこから漏れる?

水漏れはすべての水場で起こる可能性があり、トイレでも発生しやすいトラブルの一つです。
しかしトイレの水漏れの原因はいくつもあり、それぞれの対処法も異なってきます。

水漏れの原因を探るためには、まずどこから水が漏れているのかを正確に把握することが必要です。
濡れたままでは水漏れ箇所の特定は難しいので、まず止水栓を閉めて水の流れを止めてから、タオルで水気を拭き取りましょう。

その後、少しずつ水を流しながら素手で触る、濡れたことがすぐに分かるティッシュペーパーやトイレットペーパーを貼り付けるといった方法で水漏れの発生源を突き止めます。

ここからはトイレの水漏れにはどのような種類があり、どのような対策を行う事が可能なのかを発生箇所ごとに見ていきましょう。


給水管や蛇口からの水漏れ

トイレタンクや便器本体につながる給水管から水が漏れている場合、原因の多くはナットの緩みやパッキンの劣化です。
給水管のナットは止水栓、分岐水栓、タンクとのつなぎ目に配置されているので、まずはこれらの締め直しを行いましょう。

ナットの締め直しでも水漏れが解消しなかった場合は、給水管を外してパッキンの交換を行います。
給水管はモンキーレンチを使えば取り外せるので、給水管内部の水がこぼれることに備えてバケツやタオルを用意してから作業を行いましょう。

タンクとの接続部にあるパッキンを交換する際にはタンク内のボールタップという部品も動いてしまう可能性があるので、手で押さえつつ取り外すと故障や変形を防ぐ事が可能です。

また、止水栓からの水漏れについてはパッキンだけでなくスピンドルという部品の劣化が原因の可能性もあります。
なお、基本的に水漏れ修理は止水栓を閉めてから行う必要がありますが、止水栓からの水漏れに対処する時だけは元栓を閉めなければ水は止まらないので注意しましょう。


タンクが原因の水漏れ

トイレのタンクは便器への排水とタンク内への給水を同時に行うためにいくつもの部品が連動しており、それらに不具合が発生すると水漏れが起こることがあります。

また、給水管や便器など他の部品との接続も多いため、パッキンの劣化等による水漏れの原因にもなりやすいのが特徴です。
タンクが原因となる水漏れにはどのようなものがあるのか見ていきましょう。

・タンクから便器への水漏れ
水洗レバーを動かしていないのに便器内に水が流れる、あるいは一度流した水が止まらないという場合はタンク内に何らかのトラブルが発生しています。

タンクの排水口を塞ぐフロートバルブの劣化、水面に浮かぶ浮き玉の破損や移動、給水を制御するボールタップの故障、余分な水を排水するオーバーフロー管の破損などがその主な原因です。

他にも汚れの蓄積や水洗レバーとゴムフロートをつなぐ鎖の引っ掛かりなどが原因となる可能性もあるので、まずはタンク内の点検を行い必要に応じて部品を交換しましょう。

・タンクと便器の間での水漏れ
タンクと便器の間から水が漏れている場合は、対処する難易度が少し上がります。
この場合、原因の一つはタンクの下部にある密結パッキンの劣化です。

密結パッキンを交換することで水漏れの解消は可能ですが、そのためにはタンクを取り外す必要があります。
タンクは重く給水管なども外す必要があるので、作業が難しいと感じるようであれば専門業者に修理を依頼するほうが良いでしょう。

また、タンク自体のひび割れによっても同じような水漏れが発生します。
ひび割れは防水テープやパテで一時的な補修が可能ですが、根本的な対処のためにはタンクの交換が必要です。

専門業者に調査を依頼し、タンクのみの交換が可能か、費用がどの程度かかるかといったことを把握してから適切な対処を選びましょう。

・タンクの上や側面からの水漏れ
タンクと蓋の隙間から水が漏れている場合は、タンク内の給水機能と排水機能の双方に問題が発生しています。

オーバーフロー管や排水口に詰まりは発生していないか、浮き球を持ち上げた際に給水はしっかり止まるかといった点を確認しましょう。
何らかの異常が判明したら掃除や部品の交換を行います。

タンク内に問題がないにも関わらず水洗レバーから水が漏れている場合は、パッキンやレバー本体の交換が必要です。
タンク内部の鎖を外してからハンドルを固定しているナットを緩め交換を行いましょう。


床の近くでの水漏れ

便器の下側、床の付近で水漏れが発生している場合はいくつか原因が考えられます。
家庭での対処が困難なものも多いので、必要に応じて専門業者に修理を依頼しましょう。

・便器の破損
トイレの便器は強い力を加え熱湯を流すことでひび割れが生じ、水漏れを起こす可能性があります。

小さなひび割れでも放置していると大きな破損につながることがあるので、すぐに専門業者やトイレメーカーのユーザーサポートを活用して修理や交換といった対処を行いましょう。

・便器の接続部の問題
便器はフランジという部品とガスケットという大きなパッキンで床に接続されているため、それらが劣化していた場合、便器のズレや水漏れが発生します。

これらは交換による修理が可能ですが、そのためにはタンクを含めた便器全体の移動が必要です。
ネジやナットなどの接続部品がサビて固くなっている可能性もあるので、基本的には専門業者に作業を依頼することをおすすめします。

・排水管のつまりや破損
排水管に何らかのトラブルが発生すると、床下で発生した水漏れがトイレの床に滲み出てくる事があります。
原因の特定にも修理にも専門知識が必要なので、調べてみても水漏れの原因がわからない場合は専門業者に相談すると良いでしょう。

・結露
床や便器が濡れている場合、その原因は水漏れではなく結露かもしれません。
便器や床の水をよく拭いてから実際に水が漏れているかどうかを確認してみましょう。

結露も放っておくとカビや水垢の原因になるので、こまめな拭き取りや室温調整で対応する必要があります。


トイレの水漏れでお悩みならさが水道職人に連絡を

トイレの水漏れでお困りの際はさが水道職人にご連絡ください。
さが水道職人は佐賀市、鳥栖市、伊万里市、小城市、武雄市、神埼市など佐賀県全域で水回りのトラブルを解決してきた水道工事の専門家です。

トイレの水漏れや詰まりなど水回りのトラブルについてお悩みの際はぜひさが水道職人にお電話ください。


佐賀のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「さが水道職人(佐賀水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

さが水道職人(佐賀水道職人) 0120-492-315

さが水道職人(佐賀水道職人) 0120-492-315