【水道局指定工事店】佐賀のトイレ・台所の排水管のつまりやお風呂・水漏れ修理なら「さが水道職人」 » システムキッチンの修理は住みながらできる?修理や交換を検討するポイントも紹介!

佐賀 地元密着、実績10万件
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

システムキッチンの修理は住みながらできる?修理や交換を検討するポイントも紹介!

2022年03月30日 キッチンのメンテナンス

システムキッチンも長年使うと、不具合などから不安を覚える点も出てくることでしょう。また使い勝手を考えて交換したいと検討する方もいると思います。

ここでは、システムキッチンの修理や交換について、さまざまな角度から見ていきます。疑問の解決にもきっと役立つことでしょう。修理や交換のタイミングもとても大切です。タイミングを見誤らないよう、ぜひポイントをチェックしてみてください。

システムキッチンの修理や交換を検討するポイント


「システムキッチンがなんだかガタが来ているかも…。」と感じても、交換にはなかなか踏み切れない、と思ったことはありませんか?修理すべきか交換するべきかの見極めのポイントをお伝えします。

■キッチンにも寿命がある
現在のキッチンは設置してからどのくらい年数が経過していますか?システムキッチンにも寿命があり、おおよそ15年~20年とされています。

種類や使用頻度によってもちろん違いはありますが、15年以上経過していると不具合の出る可能性も高くなります。修理によって改善されても、すぐにまた修理が必要となるケースも少なくありません。

使用年数を考慮して、15年以上経過していれば交換してしまったほうが、後悔せずに快適にキッチンを使うことができるでしょう。

■排水口のつまりや異臭、シンク下などからの水漏れ
水回りに起こるトラブルは、迅速な対処が大切です。排水口のつまりや異臭は、軽度であれば自分で解消できます。

しかし重度の場合、専門業者に依頼しなければ改善することは難しいでしょう。

シンク下の水漏れも、簡単な部品の交換で改善できなければ専門業者に見てもらう必要があります。

水漏れの原因によっては、修理で済ませず交換をする方が安心できる場合も考えられます。自分では改善できないトラブルに見舞われた場合は、速やかに専門業者に相談しましょう。

■油汚れやカビが除去できない
油汚れは、通常の掃除だけでは取り切れないものです。しかし、残したままにしておくと、さらに油が重なり合い、汚れも付着することでますます頑固な油汚れとなってしまいます。

カビの増殖も防がなければなりません。食品を扱うキッチンですから、衛生的に保つ必要があります。汚れがひどすぎて対処に困る状況であれば、一新することも選択肢のひとつといえるでしょう。

■ガスコンロの異常燃焼、異臭
ガスコンロが異常燃焼する場合は、使用を控える方がよいでしょう。表面に見える油汚れなどが原因の場合は、掃除をしてキレイに取り除くことで改善できるはずです。

掃除をしても改善が見られず、目で原因が確認できなければ、専門業者に見てもらいましょう。

また、異臭についても注意しなければなりません。ガスコンロだけでなくレンジフードから異臭がする際も同様です。掃除で改善がみられなければ、配管や配線でトラブルを起こしている可能性があります。

事故につながる危険性もあるので、軽視せずに専門業者に相談することが大切です。

システムキッチンの修理は住みながらできる?


システムキッチンの修理を考えたとき、その間の生活はどうなるでしょうか?キッチンが使用できないとしても、そのまま住みながら修理が可能なのかどうか疑問に思う方もいるでしょう。

修理や工事を依頼する業者や内容によっても異なりますが、住みながらシステムキッチンの修理をすることは可能といえるでしょう。

仮住まいを手配する必要や費用はかからず、通勤、通学の環境を変えなくて済むことは大きな利点ですが、ストレスもかなりかかることを覚えておかなければなりません。

とくに修理や工事で発生する騒音はストレスがかかることでしょう。断水や停電する時間も出てくることがあります。何よりキッチンが使えないので、毎回の食事を手配する必要があります。

その人によって感じるメリット、デメリットは変わってくるでしょうから、どちらがよいとは言い切れませんが、工期や作業内容を細かく確認し、業者とも相談して、仮住まいをするかどうか判断することになるでしょう。

ただし、間取り変更を伴った大がかりなリフォームの場合は、住みながらの工事は難しいといえます。一時的な仮住まいが必要となります。

システムキッチンを修理する場合のメリット・デメリット


システムキッチンの修理や工事をする際には、業者に依頼することになりますが、依頼する業者によってもメリット、デメリット、得意不得意がわかれます。

地域密着型の工務店などは、さまざまな工事を請け負うため、各分野の職人を手配でき、質の高い工事ができる点が大きなメリットといえるでしょう。

最近ではデザイナーと連携している工務店も増えていますが、プランニングやデザインについては別分野と割り切る工務店も少なくありません。

リフォーム会社であれば、デザイナーや建築士など専門的な知識を持ったスタッフが在籍している場合も多いので、幅広い内容で相談が可能です。

住宅設備メーカーは、特定の設備の知識や、実績も豊富なため、リフォームには多くの強みがあるといえますが、そのメーカーの製品であることが基本となります。

家電量販店やホームセンターでもリフォームを請け負っている場合が多くあります。シンプルな交換作業であれば費用を抑えることができるでしょう。デザイン性を求めたり、大規模なリフォームを検討している場合は、対応可能かどうか確認する必要があります。

設計事務所は一般的に大規模な工事を得意とする場合が多いですが、こだわりを持ったリフォームにはおすすめといえます。

多くの設計事務所から選ぶのは大変な作業となりますが、こだわりのあるデザイン性にも優れたキッチンを希望であれば、設計事務所に依頼することが、希望が伝わりやすいといえるでしょう。

どの業者に依頼しても、それぞれのよさがあります。一番に優先させたいことを整理して、業者選びを行いましょう。

システムキッチンの修理を依頼した時の費用相場


システムキッチンの修理を依頼するために、費用相場を確認しましょう。システムキッチンの種類や、業者によって施工費は異なるため、あくまでもおおよその目安として見ていただければと思います。

■ガスコンロからIHクッキングヒーターに取り替え
安全性を考慮してIHクッキングヒーターに取り替えを検討される方も多いことでしょう。IHクッキングヒーターを利用するためには専用回路が必要となります。

そのため、設置作業だけではなく、配線工事や、ガスの撤去作業も行わなければなりません。IHクッキングヒーター本体は価格に幅がありますが、工事費用が12万円前後かかると見られるので、16~40万円前後が目安となるでしょう。

ビルトインコンロを新しいものに取り換える工事であれば、7万円前後が相場といえます。

■レンジフードの取り付け
レンジフードも種類が多く、値段にも大きな違いが出ます。ファンのみの換気扇であれば1万円前後から購入可能ですし、高性能なレンジフードの取り付けとなると工事費を入れると、8万円以上かかる場合もあります。

■システムキッチンの交換
まず基本的にかかる費用の内訳としては、・本体価格・施工費・オプション費用があげられます。工事の内容によっては別途必要な工事費、内装に関わる費用などが加算されていきます。

システムキッチンの本体費用は、グレードや形、素材によって大きく変わります。一般的な家庭サイズのシステムキッチンであれば、工事費用も含め50万円~100万円が相場でしょう。一戸建てであれば、100万円位からと考えておきましょう。

まとめ


システムキッチンの修理を決めるには、多くの疑問もあることでしょう。「費用はどのくらいだろうか?」「仮住まいが必要なのか?」「まだこのまま使っていても大丈夫か…」疑問を持ちながらなかなか決断できないでいる方も多いのではないでしょうか。

しかし、不具合が出ているのならば早目の判断がカギとなります。キッチンは水も扱い、電気、ガスと大切な設備が多くあります。その分、危険につながる可能性も含んでいることを、心に留めておきましょう。

安心安全、快適に使えるキッチンを目指して早目の行動をおすすめします。

佐賀のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「さが水道職人(佐賀水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

さが水道職人(佐賀水道職人) 0120-492-315

さが水道職人(佐賀水道職人) 0120-492-315